【刈谷校】【稲沢校】【愛西校】なでしこについて

2017年4月10日

いつもお世話になっております。山内です。

 

w640_h480_58ea21ef-930c-4a84-ae48-0405d3093d95

昨日の女子サッカーなでしこJP対コスタリカの試合はご覧になられたでしょうか?私は目を釘付けにして見ていました。理由としては以前女子サッカーも少しの期間指導した事がありますが、昨日のなでしこJPの試合内容が相当上手でした。

 高倉麻子監督就任後、国内で戦う初めての試合で一体どんな試合展開をこの監督が考えているのか、またどんな練習をしてきたのかが気になっていました。
先発にはGK池田咲紀子、DF熊谷紗希、高木ひかり、市瀬菜々、MF阪口夢穂、宇津木瑠美、中島依美、中里優、長谷川唯、FW横山久美、田中美南の11人が起用されていました。積極的ななでしこは4分に中島、6分に横山がミドルレンジからシュートを狙っていましたが、いずれも枠を捉えることはできずでしたが女子がミドルレンジからシュートなんて大したものです。中々女子でミドルから狙う事は難しいでしょうに。
20170409-00024409-sdigestw-000-8-view
試合が動いたのは23分。ペナルティエリア手前中央でパスを受けた横山が巧みな反転で前を向いて強烈なシュートを打っていましたが、これも少し前の女子サッカーならまず見れないシュートだったと私は思っています。後半は細かいパス交換でエリア内に抜け出した横山が右足でシュートを放つと、DFに当ってこぼれたボールを長谷川といったシーンがありましたね。
20170409-00010018-soccermzw-000-2-view
後半74分、左サイドでパスを受けた上野からのクロスをゴール前に走り込んだ田中がまさかの左足ダイレクトで合わせ、待望の2点目が決まりましたが、ダイレクト・・・マジか!!クロスにダイレクトで枠に収めるのは短い距離ならできるけどサッカーコートで考えると中々難しいのに本当に凄い!!
82分には左サイドの長谷川が左足でゴール前にグラウンダーのクロスを入れると、籾木がまたもやダイレクトで流し込み、スコアは3-0となった。
【スコア】
なでしこJP 3-0 コスタリカ女子代表
【得点者】
1-0 23分 横山久美
2-0 74分 田中美南
3-0 82分 籾木結花
結果を見ていての感想ですが、今の女子サッカーは進化しています。
以前なら私は女子サッカーの試合は申し訳ないけど見る気になれませんでしたが、今回の試合を見ていてこれは小学生、中学生の生徒達にはいい勉強になると思います。
女子には運動能力がどの選手と比べても大体大きな差はありません。
では何が勝敗を決めていたのかは雨の芝生の中で伸びるボールに対してのトラップ技術、細かいパスへのポゼッション、シュート技術がこのなでしこの勝利だと考えます。
一人でぐいぐい抜いていく男子のメッシやロナウドみたいな興奮は無いもののサッカーとしての真髄はここに詰まってるなと感じました。
これを読まれて興味が沸いたら是非一度試合をじっくり観戦してみて下さい。
いい勉強になるはずです。
サッカー大好き女子達、どんどんレベルが上がっている日本にもっとチャレンジしていきましょう。女子生徒の募集もしております。
一度体験にご参加下さい。

愛西校詳細は>>>こちら

刈谷校詳細は>>>こちら

稲沢校詳細は>>>こちら

ページトップ