【四日市校】コーチだからこそ勉強

2017年5月19日

こんばんは。四日市校の岡野コーチです。

本日は待ちに待ったオーシャンズスクール指導者研修会を実施しました。

指導研修_2

研修の目的はもちろん、指導者としての成長、です。

 

オーシャンズスクールの対象生徒は、幼児・小学生・中学生等、技術も身体も伸び盛りの子供達です。

どんどん成長していく生徒たちに合わせて、一人一人の成長に適した指導を行うために以下の2つを大切にしています。

 

1.コーチ自身がより深くフットボールを学ぶ

2.生徒の理解を導くコミュニケーションを伴った指導方法を学ぶ

 

 

特に「コミュニケーションを伴った指導」は、奥深く、私はオーシャンズスクールで5年間指導に関わっていますが常に課題と思っています。

 

 

生徒一人一人で習得している技術、理解している戦術、身体能力、性格、そしてプレー状況、、挙げだすとキリがありませんが、多くの要因を踏まえた上で指導で扱う言葉、話し方を選択します。

なぜ必要か?
何が目的なのか?
どうすると上手くいくのか?

 

指導とは「教え導くこと」

 

ただ答えを教えるだけは指導でありません。

 

生徒の「わかった!!」 「できた!!」

 

生徒の反応を見ると一目瞭然です。
こうなって初めて指導が達成できるのだと私は思います。

 

そして よく分かる指導方法を学ぶことにゴールはないとも思います。

 

今日の研修内容ですが、4つのテーマを行いました。
「パス&コントロール」「ボールを奪う」「ポゼッション」「フィニッシュ」

 

(動画は、廣瀬コーチの指導実践風景)

 

指導実践後は、意見交換会を行いました。
時に耳の痛〜い意見もありますがこれも成長のためです笑

 

指導には様々なアプローチがあり、プレーの分析方法により指導内容も様々です。
多様な意見が出て当然ですので、多くの意見を受け入れ自分のものにするオープンマインドも大切です。

 

より良い指導をしていくために、より良いスクールとしていくためにコーチたちも日頃勉強していきます。

 

来週は 岡野コーチと大島コーチの受講した日本サッカー協会フットサルB級指導者講習会の内容共有を行います。

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ