【豊田・北名古屋・NAS大高校】2人は努力の天才です。

2017年8月18日

こんにちは。名古屋オーシャンズフットサルスクール豊田・北名古屋・NAS大高校コーチの木村です。

今回は豊田校に通う山中丈太郎くん(6年生)と健介くん(3年生)の兄弟のお母様にご協力頂いたアンケートを掲載したいと思います。

dav

◇当スクールに通って成長したなと感じてることはどんなことですか(プレー面、精神面、所属チームでの変化など)?

6年生になった頃から、プレー全体が積極的になったと思います。スクールに通いはじめた頃から、木村コーチの指導のもと、しっかりと基礎的な技術が身に付き、スクールやサッカーチームでの活躍につながり、自信がついたおかげだと思います。今はスクールやサッカーが楽しくてしかたのないようです。最近はたくましくなったと思います。

 

私から見ても2人とも本当にたくましくなったと思います。お兄ちゃんの丈太郎は本当に努力家です。弟の健介もそんなお兄ちゃんの背中を見ているからか、努力することが当たり前になっています。

丈太郎は入会当初は、少し不安気にプレーしている印象がありました。その影響もあって1stタッチをミスしてしまうことがあったのですが、「いつ・何を見ておくべきか」ということが理解でき、DFがどの方向からどのくらいのスピードで寄せてくるか予測が立てられるようになってから、ミスの回数が格段に減りました。

リフティングやボールタッチは入会当初から上手で「自主練をがんばっているんだな」と思っていましたが、努力の成果が出せるようになって私も非常に嬉しく思っています。何より「今はスクールやサッカーが楽しくてしかたない」という言葉はコーチ冥利に尽きます。

健介は入会当初から、左利きで積極的に仕掛けていくプレーが印象に残っています。今でも去年の夏合宿に参加してくれた時に、たまたま知っている友達がチームメイトにいない状況でも必死に声を出して、誰よりも走ってチームを牽引していた姿は強く印象に残っています。

真面目さを持ちながらチームを引っ張っていけるリーダーにこれから育っていってくれると思います。プレー面でも状況に合わせてプレーを選択出来るなど3年生とは思えない賢さを垣間見せています。

yamanaka_joutarou_kensuke-02

 

◇当スクールの練習内容・雰囲気はどのように感じられていますか?

厳しい面もありますが、みんなその理由を理解して、真剣に練習していると思います。みんなで声を出し合って、活気がありとても楽しそうです。

 

 

”楽しみ方”にもいくつか種類があると思っています。みんなでワイワイと時にはふざけながらプレーするのも楽しいでしょう。それも否定しません。しかし、そのような楽しみ方は公園で十分できます。わざわざ安くないお金を払ってスクールに来て頂いているからには”上達する喜び”を是非実感してもらいたいと思っています。

「今自分はどんどん上手くなっている!」という気持ちがあれば、サッカーやフットサルはより一層楽しいものになります。丈太郎や健介もそんな気持ちなのではないでしょうか?

「真剣に練習してあっと言う間にスクールの時間が終わる」

「疲れたけど充実感があって楽しかった」

そんな風に生徒たちに言ってもらえるようにこれからも指導していきます。

yamanaka_joutarou_kensuke-03

 

アンケートにご協力頂き、このブログを書くにあたって2人の入会当初の姿を振り返りました。本当に上手くなったと思います。

2人とも努力の天才です。

 

”努力は自分のためにするものであって、誰かに強制されてやるものではない”

”サッカー・フットサルが好きだからこそ、もっと上手くなりたい”

といった努力の本質を小学生にして理解しているように感じます(私も2人から学ばせてもらいました)。

それはきっとご両親の教え・姿勢・子供との距離感の賜物だと思います。私も1人の父親として非常に勉強になります。

 

「サッカーチームで上手くいかない」

「もっと上のレベルを目指したいけど、どんな練習をしていいかわからない」

といったような悩みを持ってオーシャンズスクールに入ってくれる生徒が多いのですが、そんな生徒たちにとって2人の存在は成功例として非常に参考になるのではないでしょうか?

もちろん2人にはまだまだ教えたいことがたくさんありますし、すごく伸び代を感じています。

これから2人がどこまで上手くなって、プレーヤーとしても人間としてもどんな大人に成長していくのかすごく楽しみです。

不安はありません。どんな壁でも2人なら乗り越えられると思います。

なぜなら2人は努力の天才だからです。

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ