【長久手校】学びを当たり前に。スクール生インタビュー

2017年8月30日

長久手校も遠方から通ってくれている子が多く在籍しています。今回コーチもこの機会に聞いてみたかったのでインタビューしてみました!

伊藤聡良くん(現在5年生・大府地区在住)

IMG_0887

そら君への質問

Q1.長久手校を選んだ理由を教えて?
A. 大島コーチに教えてもらいたかったからです。

Q2.名古屋オーシャンズフットサルスクールに通って学んだところや良かったところは?A. 細かいタッチや素早い動き、攻撃と守備のきりかえを早くすることを学びました。サッカーチームで全然勝てない時も、オーシャンズに来ると、大島コーチが一生懸命教えてくれるので、頑張ろうといつも思えます。

Q3.名古屋オーシャンズフットサルスクールに入ってコーチから言われて印象に残っている言葉や出来事は?
A.「シュートの力が強くなったね」と言われて自信がつきました。

Q4.名古屋オーシャンズフットサルスクールを一言で言うと?
A.僕が一番集中してサッカーを学べるところです。

保護者様への質問
Q5.長久手校まで通学時間を教えてください。
A. 1時間ぐらいです。

Q6.長久手校まで通っている理由や他との違いを教えてください。
A.子どもの希望があったのが1番なのですが、私も大島コーチに指導をお願いしたいと思ったからです。大府校では、半年ほどの指導を受けさせて頂いたのですが、聡良のサッカーへの取り組み方がみるみる変わり、ただ上手くなりたい、だけではなくどうしたら上手くなれるのか、どう上手くなりたいのかを自分で考え、行動できるようになりました。

Q7.保護者様からのコーチやスクールの印象、感想などお聞かせください。
A. 1人1人に的確な指導をとてもわかりやすく指導してくださいます。通っているお子さんもみんな向上心が強く、親も子どももとても刺激を受けます。

Q8.これから名古屋オーシャンズフットサルスクールに入ろうとしている人達にこのスクールの魅力があれば教えて下さい!
A .信頼できるコーチから子どもにあったレベルの指導を受けることができ、子どもの「なりたい自分」を必ず見つけて応援してくれます!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あとがき

写真の恥ずかしそうな顔が愛らしいですね。
そらは元々頑張れる子でしたし、スクールに通う前から家で自分で練習する子でした。なので大人はそれに知識を持って方向性と方法論を差し出してあげる。それだけで十分です。

実際メダリストやプロがトップを極める要素に遺伝・DNAはさほど影響ありません。一般的に才能やセンスと一言で済まされているそれをどのように鍛錬していったかが分かれ目なのです。才能・センスを持っていると言われる人たちの精神内には競技の構造的知識が詰まっています。トップを極めたのはそれを形成するための努力があってこそです。ではその努力を厭わない精神はどこから育まれるのか??

答えは環境です。

環境適応できるよう赤ちゃんはなにもない状態で生まれてきます。子供は大人と違ってこだわりがまだ形成されていません。デメリットはプレーでミスしても「まぁいいか」と思える、思ってしまうのもまた環境適応です。ご家庭の常識が世間の常識でない事に大人になってから気づくという事がありますが、人はほかっておけば「そういうものだ」と暗に思い込むので、努力を厭わない精神を育むには適当にやらないのが当たり前の環境に入る事です。

スクールに入って子供自身が「こういう事をきちっとするといいんだな」、「こういう風にやるとコーチみたいな動きができるんだ」・・・学ぶことが当たり前の環境に適応していってくれるのです。

オーシャンズスクールは真剣な子達が集中してレッスンを受けてくれる環境をご提供しております。ぜひ最寄りのオーシャンズスクールの門を叩いてみてください。

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ