【愛知南エリア】理想的なサイクル!

2017年9月08日

こんにちは。名古屋オーシャンズフットサルスクール豊田・北名古屋・NAS大高校コーチの木村です。

 

いきなりですが皆さんは育成年代の「勝ち負け」の重要性についてどのように考えていらっしゃいますでしょうか?

 

「育成年代は、目の前の試合の勝ち負けよりも選手達の将来(=育成)の方が大切」

 

私はこのように考えております。日本中のほとんどの指導者及び保護者の皆様も同意見ではないでしょうか?

しかし、これはあくまで”大人側”の意見です。

当事者であり、選手である子ども達にとってはどうでしょうか?

私は「勝ちにこだわるべき!」と考えています。

 

勝利を目指して戦うというのはスポーツの醍醐味であり大前提です。

極端な言い方をすれば、勝たなくてもいいのなら努力する理由がなくなってしまいます。

 

「選手である子ども達は”勝利”を目指して真剣に戦う。コーチや保護者は一段上の立場から子ども達の将来までも俯瞰して接する」

 

このスタンスが子ども達にとって一番良いのではないかと私は考えています。

 

さてオーシャンズスクールでは普段のトレーニングはもちろん、不定期での交流戦や合宿、エリートプログラムやセカンドチームといった選抜チームで子ども達が『熱くなれる場所』を提供しています。

しかし、まだまだ足らないのが現状です。

そういった現状を踏まえて出来たのが『フットサルショップLENDA協賛スクール校対抗リーグ戦』です。

league-03

今回は愛知県南エリア(豊田校、刈谷校、NAS大高校、長久手校)の4〜6年生が対象ですが、別の機会に他のエリアや学年のリーグ戦も開催していく予定です。

 

モチベーションの維持・向上のためには定期的な刺激が必要不可欠です。

勝ち負けがはっきり出る”試合”というのは、シンプルかつ効果的な刺激と言えます。

きっと簡単に勝つことは出来ません。なぜなら相手も頑張ってプレーしてくるからです。スクール中のゲームとは一味違った体験が出来ると思います。

 

またなぜ1日完了型のイベントではなく”リーグ戦”という形式にしたかと言うと、リーグ戦なら1試合負けて終わりではなく、挽回のチャンスが残されているからです。

 

『試合 → 反省 → トレーニング → 試合』

 

という理想的なサイクルがリーグ戦にはあります。

子ども達が勝利を目指して思いっきり熱くなれる場所…それが『フットサルショップLENDA協賛スクール校対抗リーグ戦』です。

 

>>>「フットサルショップLENDA協賛スクール校対抗リーグ戦」詳細はコチラ

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ