【豊橋校】夏休み短期強化スクール

2017年9月06日

こんにちは!豊橋校のキムです。

豊橋校では8月15、16、17日でドリブル強化スクール、18、21、22日でシュート強化スクールを行ないました。

U_9クラス、U_12クラスに別れ全日程合わせて延べ160人の子供達が自分のスキルアップを目指してトレーニングに励みました。

 

この短期強化スクールでは両クラスとも同じことを意識してトレーニングしました。

ドリブル強化スクールでは、対人練習を主にトレーニングし実戦に近い形でレベルアップに励みました。

 

コーンドリブル等のドリル式のトレーニングはあくまでもサブに置き対人で相手をかわすことをメインにトレーニング。

特にドリブルのスピードに緩急をつけて相手を動かしDFをかわすことに重きをおきトレーニングしました。

生徒たちは真剣に練習に取り組み、間合いやかけひきに注意しながら常に考えてプレーしていました。

華麗な足技も重要ですが、そういったテクニックがなくても相手とのかけひきで勝つ方法を知っていれば試合で必ずいきてくると思います。

 

シュート強化スクールでは強いシュートを打つ為に、蹴る瞬間ではなく特にはボールの置き場所、軸足を置く最後の一歩などシュートまでの過程をメインにトレーニングしました。

 

フットサルらしいピヴォ(サッカーで言うセンターフォワード)の位置で背負った状態からの反転シュートや、U_12クラスではボレーシュートも行ないました。

シュートはゴールに直結するとても大切なプレーです。

フットサルは常にゴール前での局面が多いため育成年代でフットサルをすることは明らかに将来プラスになると改めて思いました。

そしてこの期間は、子供達の成長が僕たち指導者にとっては1番嬉しいことだと再確認できたコーチにとっても収穫の多い期間となりました。

豊橋校では普段ドリブルやシュート練習をドリル式のトレーニングで行なうことがほとんどなく、実戦に近い形で判断を伴ったトレーニングをすることがほとんどです。

『ドリブル』や『シュート』がうまくなるトレーニングではなく、『サッカー』、『フットサル』がうまくなるような指導を心がけています。

しかし、そのためにはドリブルが不可欠でシュートが不可欠な訳ですから今回行なった何かに特化したトレーニングは生徒たちにとってもとても刺激になったと思います。

 

これからも豊橋校では常に考えてプレーし、『サッカー』『フットサル』がうまくなる指導を心がけ、子供達の成長に関わっていきたいと思います。

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ