【豊田・北名古屋・NAS大高校】安心して小学生クラスに上がってください。

2018年2月05日

こんにちは。名古屋オーシャンズフットサルスクール豊田・北名古屋・NAS大高校コーチの木村です。

毎年この時になると年長さんのお父様お母様からよく相談を承ります。

 

「うちの子は小学生のクラスに上がってもついていけますでしょうか?」

 

不安なお気持ちはわかります。

小学生のクラスをご見学されてあまりの熱気に圧倒されてしまう幼児がいるのも確かですが、私といたしましては年長から小学生クラスにスムーズに上がれるようにしっかりと対策を立てているつもりです(低学年クラス→高学年クラスも同様)。

 

対策①「年間を通してのドリブル技術の習得」

年間カリキュラムによって特にボールといっしょに「動く」「止まる」「方向を変える」部分、ドリブルの技術習得に力を入れています。

特に「止まる」動作の習得は1年生までにしっかり身につけたい技術です。お子様の入会当初のプレーを思い出してみてください。うまく止まれずに果てしなくドリブルしてましたよね 笑

今ではそんなことはないハズです。トップスピードからは難しくてもある程度のスピードであればインサイド、アウトサイド、足の裏を使って「止まる」ことが出来るようになりました。

 

対策②「冬以降のパス&コントロール技術の習得」

本来体のバランスが整っていない幼児に長い時間片足になるキック動作の習得は難しいと思っています。基本的には目標に向かってボールのどこを蹴れば思ったところにボールが飛んでいくかという”感覚”さえ掴んでくれれば幼児の間はOKです。

ただ小学生のクラスになるとインサイドキックやインサイドトラップが出来ないと成り立たないトレーニングも増えてきます。もちろん4月以降の練習でもしっかりトレーニングするのですが、今のうちから少し予習しておくことで気持ち的にも落ち着いて練習できると思います。

 

対策③「小学生クラスの練習メニューの予習」

2月からは小学生のクラスで行う練習メニューを先取りで練習していきます。もちろん全ていっしょではなくて、導入編の簡単なものから始めます。

私の考え方として、練習中にスタートの合図はなるべく無しにしたいと思っています。なぜならサッカー・フットサルは自分で考え、行動しないといけないスポーツだからです。

ただ幼児や1年生にはそれが難しいです。まだまだ注意を継続することが難しい年代で、並んでいる間に他のことを考えてしまうことがよくあります。

ただ訓練すれば幼児でもある程度改善できることでもあるので、今のうちから「スタートの合図がない」練習メニューに慣れるように練習メニューを予習しています。

↓↓↓こんな感じです。

 

対策④「4月以降も焦らずじっくり指導」

4月以降も焦らずにじっくりと指導します。私生活でも幼稚園や保育園から小学校に上がって環境が激変する時期ですので、気持ちが不安定になって当たり前です。今まで出来ていたことが出来なくなってしまうこともあるでしょう。

鬼コーチを自称する私ですが、新1年生には優しいと思います 笑

半年くらいかけてじっくりクラスに馴染んでいってくれればいいと考えています。

 

最後に豊田校とNAS大高校の年長さんは「すごく恵まれている」ということを書かせてください(北名古屋校は今年は年中さんしかいませんので除かせてもらいます)。

毎年4月に入会してくれる1年生のお子様は本当に不安な表情でスクールに通い始めます。知っている友達が誰もいない中で緊張しながら通ってくれます。

それに比べると幼児クラスの時から知っている友達がクラスにいるということはすごく心強いことだと思います。

逞しく育った今の1年生たちも1年前は皆さんと同じように不安な気持ちを持ってました。それが今では毎週笑顔を爆発させてフットサルを楽しんでくれています。

 

親御様の心配される気持ちもよくわかりますが、どうか安心して小学生のクラスにお越しください!お待ちしてます。

※新年度のクラスのことで不安なことがある方はいつでもご相談ください

 

<スクール生及び保護者の皆様へ>

いつも私のスクール校に通って頂いてありがとうございます。

クラスの編成上、練習時間外で生徒のみんなや親御様とコミュニケーションを取る時間が不足してしまい、申し訳なく思っております。

私といたしましては「生徒たちが今何を考えていて、どんなことに悩んでいるのか」もっと知りたいと考えております。

困ったこと・気になること・悩み相談・何かの報告などありましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。

>>>メールで相談したい方はコチラ

 >>>お電話でのご相談はコチラ(052-829-1566)

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ