【豊田・北名古屋・NAS大高校】状況を分析する能力

2018年2月14日

こんにちは。名古屋オーシャンズフットサルスクールフットサルスクール豊田・北名古屋・NAS大高校コーチの木村です。

今回のブログはかなりマニアックな方向に進む可能性大なのでご注意ください 笑

 

一般的にサッカー・フットサル選手のプレーのサイクルは

 

認知 → 判断 → 実行

 

だと言われております。もちろん私もそうだと思います。

もう少し噛み砕いて言うと

 

周りを見て情報を入れる(認知) → どんなプレーをするか考える(判断) → 実際にプレーする(実行)

 

ただ育成年代の選手にフットボールの本質を理解してもらおうと思うともっと細かく細分化してプレーの分析を行う必要があります。

例えばパスミスをしてしまった選手に対して、認知(周りの情報を入れる)階層でのミスなのか、判断の階層でのミスなのか、実行の階層でのミスなのか?

指導者として掛ける言葉は全く違ってきます。

 

さらに「認知」一つとってもタイミングや技法は色々ありますし、「判断」に至っては本当に多くの要素が関わってきます。

「判断」の中で非常に重要且つ小学生のプレーヤーに不足しているのは「状況を正しく分析する能力(情報分析力)」だと思っています。

 

例えばドリブルが得意なAという選手が、最近個人的に練習しているエラシコ(比較的難易度の高い技)を試合中に使用したとします。

相手コート内でDFと1対1の状況でエラシコをするのと、自陣ゴール前でエラシコをするのでは全く意味が違ってきます。

難しい技にチャレンジすること自体は大歓迎ですが、リスクとリターンのバランスは考えるべきです。

この場合には「コートのどのエリアでプレーしているか?」という状況分析が必要になります。

これを私は『コートエリア』と呼んでいますが、コートの分け方も色々あります。

 

・自陣コート/相手コート

・ディフェンシブサード/ミドルサード/アタッキングサード

・シュートが届くエリア/まだシュートが届かないエリア/奪われるとシュートを打たれるエリア

・右サイド/左サイド

・右レーン/中央レーン/左レーン

 

ただし、私は『コートエリア』は状況分析の前提段階だと思っています。

言い方を変えると「自分がプレーに関与する前に把握しておくべき知っていて当たり前の情報」と言えます(他には得点差や試合のレギュレーション、ルール、相手チームの基本戦術、自チームの基本戦術などがあります)。

 

これを知っているだけでかなりの判断ミスが防げます。

サッカーチームで監督やコーチに試合中何度も怒られてしまう選手はこの階層でのミスをしているケースが多いです。

指導している経験豊富な大人からすると「なんでそんなところでそんなプレーをするんだ!」と半ば呆れられてしまうのです(当然選手のミスはコーチの指導力と密接に関係していますが…)。

 

他にも状況分析にとって大切な要素はたくさんあります。

私の中でも完璧に体系化されている訳ではありませんが、状況分析の第一段階としては敵・味方選手の位置、それに伴うスペースの位置を把握することです。

あくまでこの段階では”今”の位置です。”今”の状態が分析できるようになるとキックインやクリアランスなどのリスタート時などに特に効果が現れやすいです。

 

第二段階としてはちょっと先の未来の”予測”が入ってきます。予測が分析の中にカテゴライズされているのはおかしな感じがしますが、判断(プレー決定)のプロセスとしては欠かせない要素です。

”今”の分析をより一層細かく、深くすることで少し先の未来を予測することができます。

例えばDFや味方の進行方向、スピードなどから次に生まれるスペースを予測することができますし、ボールを持っている味方に対するDFのプレスの強度や方向、タイミングを分析することは、オフ・ザ・ボールのプレーを決定する上で欠かしてはいけない判断基準です。

 

他にも考えること、分析することは多岐に渡ります。

その全てを書くには三日三晩掛かりそうなので割愛いたします。

 

前述の通り私の中でもまだまだ完璧に体系化ができている訳ではありませんが、選手のプレーをより深く理解することが指導力の向上に繋がると信じて、日夜マニアックな答えがあるのかないのかもよくわからないことを考え続けています。

下に掲載した動画のようにGOOD!と褒めるコーチングひとつ取っても本当に奥が深いです。

もっと深くフットサルのことを勉強して、人間のことを勉強して、もっと効率的で魅力的で他人を惹きつける魅力に溢れていて、生徒の成長を3倍速で助けて上げれるようなコーチになりたいと常々思っております。

生徒たちにとっては人生で一度しかない育成年代に関わる責任は重大です。

不格好でも勉強し続けて、少しずつでも指導力を向上させて行きたいなと思っています。

 

書きたい内容と実際の着地点が全然違うものになってしまいましたが、とにかく生徒たちに言いたいのは

「コーチも頑張るからいっしょに頑張ろう!」ってことです。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

↓↓↓2/6火曜日の豊田校低学年・高学年クラスのGOODプレーをまとめた動画です

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ