リレー日記:永谷(桑名校)「壁」

2013年2月25日

こんにちは!

永谷コーチです。

 

膝の手術から約8ヶ月が経ち、少しずつ動けるようになりました。

最近ではランニングを開始し、復帰に向けて日々修行中です!

 

さて、今回は『壁』についてです。

人は生きていく中で多くの壁にぶち当たります。

 

自分もそうでした。

振り返るとずっと続けてきたサッカーでも仕事でも多くの壁が自分の目の前に立ちはだかりました。

 

その中で何度もくじけそうになりながらも悩み、苦悩しながら壁を超える方法を探し目標を達成する経験を積んでいく中で、挑み続けることの価値を知りました。

 

時には逃げ出したくなることもありますが、それをしたらそこで止まってしまいます。

 

大切なのは出来るまでやるというあきらめない心です。

そして壁を超えることができた時の見える景色、感覚がまた次の壁を超えるエネルギーになります。

 

今、私自身も壁にぶち当たっている真っ最中です。

でも今の状況は嫌かというとそうでもありません。

むしろ楽しんでます。

 

この壁を超えるともう一つ成長できるし、また次の壁に挑戦できるからです。

もちろんその中で凹んだり、悩んだりすることもありますが、超えてしまえばいい思い出です。

 

目の前の壁にワクワクすることもあるくらいです。

 

子供達にも壁を超える楽しさ、強さを養ってほしいと思います。

 

ただ、自分も最初からこういう風に思っていたわけではありません。

目の前の壁に諦めてしまいそうになったこともありました。

でも、自分には助けてくれる人達がいました。

 

指導者だったり、先輩、友達、家族。

 

これまで挫けそうになった時に支えてくれる人達がいました。

 

最終的に超えるのは自分ですが後押ししてくれる存在があったからこそだと思っています。

 

現在、私がコーチを務める名古屋オーシャンズフットサルスクールではたくさんの子供達がそれぞれの壁に日々挑戦しています。

 

リフティング5回、試合で点をとる、所属しているチームでレギュラーを勝ち取る、トレセンに入る、全国大会に出るなど様々です。

 

その中で調子が良い時もあれば、悪い時もあります。

もう無理だと思ってしまうこともあるかもしれません。

 

そんな時にあと一押しをしてあげたいと思います。

 

ここまでかと思った時に仲間や先生からの支えで一歩が踏み出せた方もたくさんいるかと思います。

 

このサッカー、フットサルという最高の教材を手にした子供達を教えすぎず、自分でチャレンジする環境でサポートしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ