【豊田校】技術と賢さを研ぎ澄ます|高学年クラス

2018年3月11日

こんにちは。名古屋オーシャンズフットサルスクール豊田・NAS大高校担当コーチの木村です。

過去2回のクラス紹介のブログがたくさんの方に見られているようで嬉しく思っています。

>>>【豊田校】種まきの効果が出ています!|幼児クラスの紹介

>>>【豊田校】真剣にフットサルを楽しむ雰囲気|低学年クラス

 

さて今回は高学年クラスのご紹介です。

昨年は定員いっぱいの状況でたくさんのご体験をお断りさせて頂いていましたが、今年は今のところ空きがございますので、是非ご体験お待ちしております。

 

まずはクラスのシステムです。

高学年クラスは火曜日は17:20〜18:40、木曜日は17:40〜19:00の80分間トレーニングしています。

週に2回通ってくれている生徒もたくさんいます。ただ高学年クラスを週2回といった生徒は以外に少なく、火曜日高学年クラス+クラッキ育成クラス(※)のパターンが多いです。

※・・・テクニックを徹底的に鍛えるクラス。詳しくはこちら>>>テクニックを徹底的に追及!クラッキ育成クラス【豊田校】

 

 

続いて練習内容です。

豊田校のコンセプトは「技術と賢さを鍛える」です。

高学年クラスでは「技術」と「賢さ」を並行してトレーニングしています。

単純なドリル練習もやりますが、「相手」がいて「ゴール」がある実戦に近い形式でのトレーニングが多いです。

常に”判断”を迫られるトレーニングを繰り返すことで、技術と賢さを研ぎ澄ませています。

 

雰囲気です。

高学年にもなるとしっかりと主体性を持ってサッカー・フットサルに取り組める生徒が増えています。

メンタル的にも成長してくる年代ですので、しっかりメリハリがつけれています。

どれだけふざけた雰囲気でも「さぁやるぞ!」といった声掛け一つでしっかり切り替えられるようになるのがこのクラスです。

サッカーでトレセンに行っていたり、強豪チームに所属している生徒がいる一方で、オーシャンズ育ちの生徒(オーシャンズ以外の活動をしていない生徒)もいます。

他校のコーチ曰く「豊田校の生徒は”いつ””何をするか”がはっきり理解できている」そうです。

 

たぶんゲームを分析する力(コートのどの高さなのか?どういう局面なのか?)と各状況における優先順位がしっかりと理解できているからだと思います。

低学年のうちは生徒本人がしっかり考えてプレーしていれば、おおよそのプレーは肯定します。高学年になるとサッカーにおいてもフットサルにおいてもゲームの本質を理解することが大切です。

例えば同じ”攻撃”でも自分のゴール前と相手のゴール前では選択するべきプレーは全然違うハズです。

そういったこと(プレーモデルと呼んでいます)を少しずつ理解することで、生徒たちの頭はクリアになって、余裕が持てます。

余裕が持てると周りを見る質がさらに高まり、プレーモデルを超えたプレーもできるようになってきます。

 

生徒がプレーモデルを超えたプレーをすることは実はすごく重要だと考えていて、高学年クラスの目標はそこにあります。

技術と賢さを高めて、ゲームの本質やプレーモデルをしっかり理解しつつ、臨機応変に目の前の相手の逆を取ることができる選手の育成が私の目標です。

 

豊田校では現在『1万円割引キャンペーン』を実施いたしております。

先着15名様の特別割引です。体験をご希望の方は是非お早めにお申し込みください。

 

>>>『1万円割引キャンペーン』詳細はこちら

>>>1日無料体験のお申し込みはこちら

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ