【エリートプログラム】食育講習会を開催しました

2018年3月12日

コーチの廣瀬です。

本日は選手と保護者両方を対象に食育講習会を開催しました。

講師には、名古屋グランパス栄養アドバイザーの森裕子氏をお招きしました。

dig

sdr

IMG_6154

食育というと保護者向けに行うことが多いですが、今回は選手も参加必須に

しました。5、6年生にもなれば、遠征や練習の行き帰りなど、保護者と食事を

共にしない機会も増えてくるので、選手にも「食の選択」のための知識を

持ってもらいたいからでした。

エリートプログラムの目標はバーモントカップ優勝ですが、選手のフットボール

人生はそこがゴールではありません。身体作りの基本となる取り組みは

早く始めれば早いほど良いです。

良いフットボール選手の条件は技術・戦術・体力・精神力と言われています。

条件の一つである体力のアドバンテージが試合を優位に進めることは

奇しくもこの日、国内3冠を達成したトップチームが証明しています。

 

トップチームの試合を見ていつも思うことは、技術や戦術ももちろん素晴らしい

ですが、圧倒的なフィジカル能力をベースにしたディフェンス時の球際の圧力が

ゲームを優位に進めている最大の要因だと思っています。

そして、ゲームが俄然優位に進み始めるのは他チームとのフィジカル差が

出始める後半の中頃が多いです。やはり体力は大切です。

 

フットボールは、例えば背が小さくても関係なく活躍できるスポーツでは

ありますが、育成年代の選手が身体に関心を持たないメリットはありませんし

放棄して良い項目ではありません。

 

ぜひ、今日学んだことを日々の生活に活かし、「継続」してもらいたいです。

今、ほとんどの選手が技術・戦術理解を高めるためにノートを書いていますが、

同じぐらい大切な要素である「食事」についても、ぜひ今日の講習で

提案のあったように、ノートにチェックしてみてはどうでしょうか?

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ