【豊田校】卒業生の進路

2018年3月17日

こんにちは。名古屋オーシャンズフットサルスクール豊田校担当コーチの木村です。

3月は別れの季節ですね。

毎年生徒たちには「別れがあれば出会いがある。新しい出会いを楽しみにして!」と言っているのですが完全に強がりです。何年経験しても慣れませんね 苦笑

 

さて今回のブログは豊田校を卒業していく生徒たちの進路の一部について書きたいと思います。進路と言ってももちろんサッカー・フットサルに限ってのことです。

 

まずはこの2人。

山下リョウくんと伊藤ユウキくんです。

なんと彼ら2人揃って名古屋オーシャンズU-21に合格してくれました。

cof

2人とも豊田校が開校した時に入会してくれたオリジナルメンバーです。

今中学3年生でちょうど今公立高校の合格発表をドキドキしながら待っているハズです。

彼らの年代はU-12の選抜チームであるエリートプログラムがギリギリ無かった年代です。つまり小学生年代で競技としてのフットサルを経験をしていません。

スクールとしてのフットサルと競技としてのフットサルはどうしてもギャップがあります。

「サインプレーの有無」「明確なチーム戦術」などは”個人戦術”にフォーカスするスクールでは触れることはほとんどありません。

「守備の強度」「切り替えの早さ」などのインテンシティは、”勝ち負け”という明確な結果が無いスクールでは普通にしていれば身につきにくいスキルです。

「対戦相手の戦術に合わせる戦術的柔軟性」も通常のスクールでは身につくことはないでしょう。

(豊田校では上記のようなスキルを身につけられるように工夫し指導しています)

 

つまりそういったハンデを乗り越えてオーシャンズのU-21のセレクションを突破して見事に合格を勝ち取ってくれたのです。

 

リョウはボールを扱うスキルの巧みさに特徴があって、パーソナリティも抜群に良いです。リョウの明るい雰囲気や誰からでも好かれる性格はチーム活動において武器にもなると思います。

ユウキは体格は小さいですが、左右両足で器用にボールを扱えますし、瞬間的な判断力に優れた選手です。中学生になったからは人見知り(?)全開ですが、元々は人懐っこい良いヤツであることを私は知っています 笑

 

オーシャンズのU-21と言えばたくさんのプロフットサル選手を輩出している非常にハイレベルな育成期間です(手前味噌ですみません)。

U-21の合格でプロのフットサル選手という彼らの”夢”が、現実的な”目標”へと変わったのではないでしょうか。

これからの彼らの活躍を本当に楽しみにしています。

中3の子達は今年も去年もサッカーの強豪高校に進学する生徒も多く、近い将来プロの選手なんかも出てくるのかなぁと妄想しています 笑

 

1つ下のカテゴリーである名古屋オーシャンズU-15には今年は2名が合格しました。

これで豊田校からオーシャンズU-15に合格した累計で生徒は5名になりました。

dav

ヒロキは豊田校開校の時からのオリジナルメンバーです。

当初は3年生でしたが、技術の高さが特徴の選手です。エリートプログラムを経験して精神的にも逞しく成長してくれました。

 

ソウはエリートプログラムに合格したことをひとつのきっかけとして豊田校に移って来てくれた生徒です。

ソウも高い技術を持っていて俗に言う”センスがあるタイプ”です。

 

他の豊田校のエリートプログラムメンバーは、それぞれの道に進むようです(サッカーや他のチームなど)。

それはそれで素晴らしいことであり、応援しています。

 

豊田校ももうすぐ5年目に突入します。毎年レベルが上がっていますので、今後更に高いレベルにチャレンジしてくれる生徒が増えてくると思います。

手元を離れるのは残念ですが、これからの彼らの活躍を本当に楽しみにしています。

 

オーシャンズスクールが学びの場として、楽しい遊び場として彼らに影響を与えられたのでしたら、嬉しいです。

 

豊田校では現在先着15名様に『1万円割引キャンペーン』を実施いたしております。

↓↓↓詳細はこちらもクリックしてください

春季キャンペーン バナー-01

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ