【大府校・岩倉校】直感的選手と論理的選手

2018年4月16日

大府校ページはこちら

岩倉校ページはこちら

 

こんにちは。

名古屋オーシャンズフットサルスクール大府校、岩倉校担当の杉本です。

 

先日、大府校でも指導してくれている山岸コーチと指導について話す機会がありました。

そこで出た話題の一部を紹介します。

 

サッカー選手には、直感的選手論理的選手がいます。

 

 

直感的選手とは、感覚や身体能力、いわゆるセンスでプレーする選手。

論理的選手とは、一つ一つのプレーに意図があり、頭(思考)を使ってプレーする選手。

どちらも良し悪しだと思います。

世界で活躍する選手の中にはどちらのタイプも多くいます。

 

 

では育成年代で伸ばすべきなのは、

足(技術)なのでしょうか、頭(知性)なのでしょうか。

世界で活躍する選手は他の選手と何が違うのか。

 

 

 

 

直感的選手が活躍するには、何か一つでも爆発的な得意分野が必要でしょう。

 

メッシだったらドリブルやシュート。

C.ロナウドなら、シュートやマークを外す動き。

ネイマールだったら、テクニックとマリーシア。

 

チームの得点力を担っている選手や、一人で流れを変えることのできる選手はこのタイプが多いでしょう。

もちろんそれだけではいけません。

それ以外もできてこその得意分野です。

 

 

 

では、論理的にプレーする選手が活躍するには何が必要か。

 

論理的にプレーする選手は、時にインテリジェンスな選手と表現されることもありますが、

派手なゴールや守備などのプレーは少ないかもしれません。

しかし、試合をコントロールし、チームを勝利に近づけるのはこのタイプの選手でしょう。

 

 

また、このタイプの選手は適応能力も高い選手が多いと感じています。

 

日本国内でも、チームによって、選手や戦術が違います。

新しい環境にいかに素早く適応できるか。

それが、チームでの活躍・貢献につながっていくのです。

 

 

 

 

 

さて前置きが長くなりましたが、育成年代で伸ばすべきなのは足(技術)なのでしょうか、頭(知性)なのでしょうか。

人それぞれ個人的見解はあるでしょうが、私は頭(知性)を伸ばすべきと考えています。

 

この先の長いサッカー人生において、全く同じメンバー、同じ戦術でサッカーをすることはまずないでしょう。

適応能力はこの先プロを目指す子供達にとって非常に大切な能力の一つです。

プロになった選手の80%が12歳時点では発育が遅れていた

と言われている国もあります。

 

つまり、体格や技術で勝てない相手にどうしたら勝てるか、考えるということが自然に身についていくのでしょう。

 

また、フットサルはサッカーよりもコートが狭く、より正確な判断と、その素早さが求められます。

そういった意味でも、育成年代にとってフットサルをすることは良いことと言えるでしょう。

 

大府校・岩倉校では、常にこの練習はどういう練習か、何を目的に練習しているのか、どうしたら上手くいくかなどを投げかけ選手の思考を促しています。

 

興味のある方は一度無料体験にお越しください。

無料体験はこちら

大府校ページはこちら

岩倉校ページはこちら

 

 

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ