【NAS春日井校】成長が加速する時

2018年5月01日

こんにちは。

名古屋オーシャンズフットサルスクール NAS春日井校コーチの北野です。

G.W.となり暖かい日が続いています。G.W.後半は天気が回復しお出かけ日和です!色んな場所に行って楽しい時間を過ごしてください!!

 

 

突然ですが、皆さんは心に残っている言葉、大事にしている言葉はありますか?

私自身、大事にしている言葉、座右の銘は 「継続は力なり」 です。

成果が出るまでしばらくやってみよう。もう少しやってみよう。あと少しやってみよう。というスタンスです。

 

その他にもたくさんあります。

指導者を目指してからは、

①「学ぶことをやめたら教えることをやめなければならない」(元フランス代表監督 ロジェ・ルメール氏)

②「平凡な教師は言って聞かせる。良い教師は説明する。優秀な教師は手本を見せる。最高の教師は、子供の心に火を点ける」(教育学者ウィリアム・ウォード)

小学生時代の塾では、

③「苦手なものは平均でいい。でも好きな科目では100点目指しなさい」(国語教師のY先生)

大学生時代では、

④「誘われている、呼ばれているうちが華。何でも参加してみなさい」(高校時代のサッカー部監督談)

などなど。

 

何気ないときに聞いた言葉、目にした言葉を大事にしていることってありますよね。

 

 

では、サッカー・フットサルにおいて。

私自身、カミナリに打たれたような衝撃を受けた言葉があります。

 

「俺は上手くなるためのメニューは用意してやる。でも本当に上手くなるのは、自分たち次第だぞ」

と言った高校時代の監督のお言葉でした。

 

サッカーが楽しくて負けず嫌いな性格で部活に取り組んでいました。しかし、試合に負けても、自分自身のパフォーマンスが良ければ満足していた時期。練習にも100%のつもりで取り組んでいましたが、今思えば、与えられたメニューをこなしていただけの時期でした。だからこそ、目が醒めるような衝撃を受けたことを覚えています。

 

練習すれば確かに上手くなります。でも自分から意欲的にモチベーションをあげて練習する人は、もっともっともっと上手くなります。

 

自分の中だけの楽しいだけではありません。

練習して上手くなると楽しい。出来ることが増えると楽しい。出来なかったことが出来た!負けていたことが勝てるようになった!もっとやりたい!! この状態は無敵です。

 

社会人となり、毎年恒例の初蹴りでその時のこと、その言葉のことを監督に話ししても、言った本人はやっぱり全然覚えていませんでした(笑)

 

いつ、どこで、どんな人にどんな言葉に衝撃を受けるのか。

 

これはポジティブな影響もあれば、もちろんネガティブな影響を受けることもあります。子供なら尚更、敏感に感じ取るでしょう。意図せずに影響を受けることもあるかもしれません。

だからこそ、指導に携わる人たちは細心の注意を払いながら、多くの子供達にポジティブな影響を与えられるように日々勉強しています。

最高の教師に出会って、心に火が点いた状態になれば最強です。

成長が一気に加速し、貪欲に多くのものを吸収するでしょう。

少しでも多くの子供達にとって、最高の教師になること。

そんなコーチを、私たちは目指しています。

 

 

※2018年5月9日(水)よりNASサンマルシェ春日井校は開校です。

個別の体験申し込みは随時、受け付けております。

お問い合わせは 0568-92-8107

期間限定! 数量限定!! 早期入会特典は>>>こちらから。

NASサンマルシェ春日井校の詳細は>>>こちらから。

 

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ