【四日市校】大切にしていること

2018年5月03日

こんにちは!
四日市校のブログには初登場になります。
4 月から四日市校の水曜日と選手コース (U-11) を担当しているコーチの下畝地です。

 

本日はゴールデンウィーク前、最後のスクールでした。
いつにも増して賑やかなレッスンになりました!

 

IMG_1517IMG_1494

 

IMG_1511IMG_1498

そして右下写真から分かるようにR君がキレイ好きであることが発覚しました (笑)
(レッスン終わりにビブスを丁寧に揃えていました)

 

ここで少しだけ…

改めまして、四日市校の皆さんに自己紹介させていただきます。
下畝地 柊 (シモセチ シュウ) と言います。「シモセチ」は自分でも言いづらいので子供達には「シュウコーチ」と呼んでもらうことにしました。今年度の4月から四日市校の水曜日と選手コース (U-11),北名古屋校を担当しています。

 

次に少しだけ長くなりますが…

少しだけ長くなりますが (笑) 自分は育成年代のフットサル指導にあたって次のようなことを大切にしています。それは子供達の主体性を育むことです。自分はプロのフットサル指導者ではありますが、コーチが子供にしっかりと教えている場面を演出したくはありません。いい環境を作ることがコーチの最大の役目だと思っています。では、いい環境とはなんなのか?それは「フットサルを通して、子供達が自分で決断することができる空間」だと思っています。大人が子供の判断を奪うような空間ではないはずです。そして子供たちが自分で決断できるための材料を指導者が努力して考えたり工夫しながら子供達に伝える必要があると思います。子供が興味を持つまで指導者が働きかけながら、待つことを心がけ続けたいです。

 

最後にNAS春日井校の北野コーチのブログに倣って自分も素敵な言葉を紹介したいと思います

 

「人間は他人に何事も教えることはできない。ただ、自分の努力でそれを発見するのを、手助けするだけだ」 ガリレオ・ガリレイ

 

お知らせ

5月3日木曜日、5月4日金曜日のスクールはお休みになります。
お間違えのないようによろしくお願い致します。

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ