【刈谷】【愛西】【稲沢】新学年の習い事(まだ間に合いますよー)

2018年5月07日

いつもお世話になっております。

刈谷・愛西・稲沢校担当山内です。

いつもブログを読んで頂きありがとう御座います。

 

【新学年の習い事】

子供が成長していく段階で「習い事」というのはとても重要です。

勿論、習い事をしないといけないのか?といえばそういう訳ではございませんが親族以外の「人」と関わる事がとても大切です。

 

【人との関わり】

小学校でも、大人の社会になっても必要不可欠なのがコミュニケーション能力です。人と関わる為には何かきっかけが必要で自分から話し掛ける、相手から話し掛けてもらうのがきっかけになってくると思いますが、サッカー、フットサルはきっかけがもう準備されています。一緒にボールを蹴るだけで「友達」として時には「ライバル」として共存していくのです。

 

【話しを聞く】

私はかなりこれを重要視していますが、人が説明している間に違う事をしている子というのは損していると思っています。

真面目に取り組んでいたとしてもたったこれだけの事で学校での通知表や勉強での重要箇所を逃しがちです。

「人の話しを聞くときは目を見て・・・」と良く言われたものですが、本当に話している人の目を見て聞く子は指導者から見てすぐわかります。逆に聞いていない子もすぐにわかります。

聞いていないと練習の内容がわからないので自然と聞く姿勢ができるのも習い事効果だと思います。

 

【文武両道】

昔からある言葉ですが、スポーツができて勉強の成績が良い子供は人生の幅がだいぶ広がってきます。

「頭の良さ」というものは勉強ができるだけでは無くて「回転」の良さが重要です。

「回転」とは物事を柔軟に考えれる力だと私は思います。

その力を身に付けさせられるのはスポーツです。

どこの国でもスポーツは盛んで国際的にも重要視されています。

スポーツができる環境が人としての成長に関わってくるのが全世界でも理解されているのです。

 

【サッカー・フットサルの習い事】

サッカーとフットサルは似たようで別物です。

ルールも違いますし、競技が違います。

ですが最近での日本代表の試合を見ていてもコンパクトサッカーが主流になってきています。

狭い中でいかに仲間とゲーム内容を組み立てていくのかが鍵でその勉強・特訓としてはフットサルがとてもマッチングしているのです。

特に小学生では8人制が取り入れられて戦術などの違いはあるかもしれませんが状況はとても似ていると思います。

 

【一段落】

5月になり入学式もGWも過ぎ一段落されたのではないでしょうか?

4月に沢山の新学年の方が入会していただきましたが、まだこれからでも遅くありません。

初心者でも安心して下さい。

少しでもお子様がボールを蹴る事に興味がありましたら、一度体験に来てみてはいかがでしょうか?

お気軽にお問い合わせください。

 

愛西校詳細は>>>こちら

刈谷校詳細は>>>こちら

稲沢校詳細は>>>こちら

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ