【長久手校】戦術的なドリブルとは。

2018年5月23日

長久手校コーチの大島です。

生意気言わせてください。

日本の育成年代(小中高)の指導を今よりもっとよくしたいんです。

それでは前置きが長〜いですが私の構想を発表させていただきます。

 

子供はドリブルが好き

まず、子供は突破のドリブルが好きです。理由は1人対1人の攻防の成果が即時わかるので単純明快で頑張り甲斐のあるプレーだからです。

楽しさを感じられるからこそ自ら進んでやれるものです。

しかし、試合を構成する要素は突破のドリブルだけではありません。

では一般的な局面をざっと挙げてみます。

========================

攻撃 ポジショニング、パスを出す・受ける、ドリブル、シュート、こぼれ玉を拾う、トランジション、リスタートetc…

守備 ポジショニング、パスを邪魔する・カットする、シュートをブロックする、ドリブルを遅らせる/追い込む、こぼれ玉を拾う、トランジション、リスタートetc…

========================

かなりドリブルって一部分でしかないですよね。

またドリブルにも分類があります。

運ぶドリブル、突破するドリブル、キックするためのドリブル、キープするためのドリブル

これらを使用するにはTPOが重要になってくるのです。

 

日本の育成指導者の成長も必要

では育成環境のコーチはTPOを踏まえたドリブルを指導できる人がほとんどでしょうか?

なかなかそういうわけにはいきません。

まず、専門的に言うとドリブル突破のシーンを想定する必要があります。

①どのフォーメーションの

②どのポジションの選手が

③どんな時に

④何を目指して

ドリブル突破を画策するか?

 

が大切です。

では攻撃サッカーを標榜しているオランダのオーソドックスな布陣の4-3-3(フォーメーション)で例を見てみましょう。

 

スクリーンショット 2018-05-23 16.07.50

①フォーメーションは4-3-3で

②緑の縁で囲んだ選手(左ウィング、右ウィング)が

③相手SBと1対1になった局面で

④センタリングまたは中(ゴール正面)に切り込んでシュート

を目指してドリブル突破する。

がゲーム中のドリブルの突破の想定です。

目的と方法を明確にすること

ここで疑問が生まれます。

③相手SBと1対1になった局面で。とはどうやって発生させるのか?です。

それにはCBのカバーリングやSHのプレスバック(帰陣して挟み込む)をさせない守備のポジショニング修正する時間(人間の走り)より早いボールの移動が必要になります。

つまり相手チーム全体を一方または中に偏らせておいて一気にパスで左ウィング、右ウィングへボールを渡し、相手SBと1対1をする局面を作り出す。

試合で相手チームのバランスの偏りを作る大局観、速く正確なパスを出す技術、速いパスをドリブルに持ち込めるように正確にコントロールするファーストタッチなどが前提として必要になってきます。

ドリブル練習だけでは全くもって足りませんよね。

このようにゲームコンセプトがあって必要な技術を明確にすることが練習構築に必要なのです。

ドリブルだけを切り取ることはできない

ドリブル突破を目指すにはコーンドリブルなど敵のいないボールコントロールだけの練習で十分でないことがお分かりいただけたと思います。

私にはドリブルが好きな子供たちに嫌いになれということはできません。

なので好きなこと、進んでやれることをよりよい考え方で教えてあげたいと考えコンセプトや戦術も盛り込んで作ったのがドリブルクラス(旧 ドリブル塾)です。

火曜ドリブルクラスは名門と呼んでいいかもしれません。

ドリブルクラスのOBを紹介させていただきます。

大府校出身 新山千斗選手(2005/4/5生まれ グランパスU12 紹介ページ>>>こちら

長久手校出身 伊藤聡良選手(2006/7/26生まれ グランパスU12 紹介ページ>>>こちら

 

オーシャンズアカデミーU15合格

大府校(長屋虎太郎 2004年生まれ)紹介ページ>>>こちら

長久手校(元木海良 2005年生まれ)エリートプログラム2017/2016 >>>紹介ページはこちら

長久手校(村瀬心 2005年生まれ)エリートプログラム2017/2016  >>>紹介ページはこちら

エリートプログラム生

長久手校 (若森星凪)エリートプログラム2018 >>>紹介ページはこちら

大府校 (赤野太一)エリートプログラム2018 >>>紹介ページはこちら

長久手校(伴祐汰)エリートプログラム2018,2017

長久手校(横山青空)エリートプログラム2018

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

長久手校では難しい事を子供がわかりやすいようにたとえ話を用いたり具体的に説明し理解して帰ってもらう事を徹底します。

スクリーンショット 2018-04-23 12.35.47当スクールは指導の質を保つため少人数制クラスを採用しております。定員数に限りがありますのでお早めにご相談ください。

スクール生の保護者様はピクロよりご連絡下さい。普段コーチに中々話しかける時間がないと思います。ご要望やご不満な点を個別でご連絡いただければ返信はすぐにできませんが必ずご返信いたします。

無料体験は申し込みページよりお申し込みください。お申し込みフォームの中に簡単なアンケートで相談内容がお選びいただけます。

体験申し込みフォームはこちら

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ