【刈谷】【愛西】【稲沢】最初の癖が重要だ

2018年6月14日

いつもお世話になっております。

刈谷、愛西、稲沢担当の山内コーチです。

 

様々なスクール生徒を見させて頂いている中で良くあるのが「癖」を持っている子です。

初心者は逆に癖が無くてこれから良い癖を付けていけばいいのですが、長らくどっかのスクールやチームに所属していた子に見られがちなのが悪い方の癖です。

どんな例があるかというと

 

例1 ドリブルばっか習い過ぎてルックアップができない。

 

→これが一番多く見られます。決してドリブルが悪いわけではありません。

試合でボール運べる人物は必要で大切なスキルなのですが、習い方を間違えるとおきやすい現象です。これが癖化すると厄介で中々顔が上がらない子が育ちます。顔が上がらない=周りが見えていないので持つ事ができても相手に取られる事が多いのではないでしょうか。

これを直していくのには根気ある指導者に見て貰った方が良いです。

特に数が多い所よりも少ないスクールや、多くても一人一人に対して目がいき届くコーチが良いと思います。

 

例2 ドリブルを求められ過ぎてパスが出せない子

 

→これも多いと思います。ルックアップができて無いからと前文と繋がってくるかもしれませんが、ルックアップしない=パスの選択肢がそもそも無いと考えていいのかなと私は思います。ということはその選択肢を教わってない可能性が高い。

確かにドリブルで球を持てる子が目立っていて上手く見えがちかもしれませんが、その時その学年で目立っていても歳を重ねる毎に段々と目立たなくなってきます。当てはまる子も多いのではないでしょうか。

サッカー、フットサルはチームプレイであくまで個人プレイでは無いスポーツです。目立ってなんぼではなくてチームが勝つ事に意味があるのではないでしょうか。それを伝えられていないと「僕は今日2人も抜いてやったんだ」と抜くだけの事に快楽を覚えてしまいそれだけに執着してしまう気がします。

 

例3 トラップが一つしかできない

 

→基礎練習はおそらくどこでも習える事でボールを止める技術はとても重要です。しかし、止める技術は試合のその時々の展開によってどこでトラップするかが求められてくると思おいますが、良く見られるのはインサイドトラップオンリーです。相手が前から来てようが御構い無しにインサイドトラップ。

その後からチョコチョコして抜くよりもどうせ相手を「かわす」のであれば最初の一発で抜きに出れた方がいい。だったらインサイド以外にもアウトサイドや足裏でのトラップも身につけておいた方が得だと思います。

 

例4 ポジション

サイドプレイヤーはサイドにしか立たなくなるし、DFプレイヤーは後方に下がりがち、FWは守備に参加しない傾向になります。これも一つの癖と捉えていいと思います。

それは良い時もありますが、悪く捉えるならその他のポジションができなくなる事だと思います。

ポジションは様々な場所ができて方がいい。

その結果レギュラーで出られている子も私が見ているクラスでは少なくありません。

 

「癖」とは一度付くと中々改善していくのは難しいものです。

だけど本人が「あっ、今の自分ヤバイかも」って感じ始めるのは大分先になるその時には変更が効きにくくなっているかもしれません。

以上内容を見てピンっときたら一度体験にいらして下さい。

すぐに改善はできないかもしれませんが、少し時間を掛けさせて貰えれば今の状況よりも良くできると思います。

私のクラスではそんな生徒が多いです。

恥ずかしがらず、この先サッカー、フットサル続けていくのであれば是非お越しください。

 

愛西校詳細は>>>こちら

刈谷校詳細は>>>こちら

稲沢校詳細は>>>こちら

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ