【北名古屋校】【四日市校】フットサルはサッカーにも活きています!

2018年6月16日

こんにちは、コーチの下畝地です。

 

とうとうサッカーW杯が始まりましたね!
これからは眠れない日が続きそうですね〜 (笑)

 

さて、今回はフットサルとサッカーの関係性についてのお話しです。

 

将来的にサッカーでのプレーを考えていて、現在はオーシャンズスクール通われているお子様、保護者様はいつ・どんな時にフットサルでのプレーがサッカーに活きていると感じますか?

 

自分の中で特に感じるのは、ボールを持った時の落ち着きです

 

なぜそう思うのか、それは四日市校の「選手コース」で実際に指導者の活動をしている中でそう感じたからです。

 

四日市校の選手コースとは

オーシャンズスクールでフットサルをプレーしている子が、チーム活動を通してサッカー・フットサルの試合をしていくプログラムのことです。その中で自分はU-11のコーチとして今年度の4月からリーグ戦や公式戦を戦っています。

 

では、なぜサッカーをプレーしてボールを持った時に落ち着きを感じるのか

 

答えは明らかです。フットサルをプレーするということはコートの関係上ボールを持った時は常にプレッシャー受けるということです。「常に」というのがキーワードです。ボールを持った時には「常に」プレッシャーを受けている選手たちがサッカーコートで試合をしたらどうでしょうか。慌てるはずがありませんよね。また相手と近距離におけるドリブルやパスでの崩しは本当に上手ですよ。

 

サッカーもフットサルも最終的にゴールを奪うためには相手の密集しているエリアを崩すしかありません。そんな時、フットサルで基礎ができていると相手を崩す際により効果的になります。

 

将来的にサッカーをプレーしたい選手にも、特に小学生年代ではフットサルを提案します!

 

選手コースの活動風景です

 

IMG_4265 IMG_6222 IMG_2133 IMG_7151 IMG_4827IMG_7618

外での活動がメインのサッカー、暑すぎてたまには頭に氷をのせたくもなりますよね (笑)

いや、ならないか…

 

体験申し込みフォームはこちら

 

 

 

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ