【大府・岩倉校】ゴールは博打の結果ではない 練習しているから生まれる必然

2018年7月17日

大府校ページはこちら

岩倉校ページはこちら

 

 

こんにちは

コーチの杉本です。

 

ロシアW杯も終了しましたね。

日本も当初の予想を覆す結果を残しました。

 

W杯効果でモチベーショングングン上昇中の子供たちも多いんじゃないでしょうか??

 

 

 

さて今日はそのワールドカップの中からすごいと思ったプレーを二つだけご紹介します。(多すぎるので、泣く泣く2つに絞りました。)

 

 

1つ目は

フランスのサイドバック「パバール選手」のスパーゴールを紹介したいと思います。

 

 

アルゼンチン戦で見せたこのゴール。

誰が見てもすごいのがわかりますよね!

私はテレビで観ていて衝撃を受けました。

 

 

 

ふかさないように体を寝かせ、ボールをこするようにミートする。

まさにお手本のようなスーパーゴールでしょう。

 

しかも、一番難しいのは、「ダイレクト」という点でしょう。

転がってきたボールでさえダイレクトシュートとなると難易度は上がります。

この場面では反対サイドからのセンタリングですから、計り知れない難しさでしょう。

 

しっかりとボールの中心をしっかりミートする重要性がかなりわかりやすく出ているシュートだと思います。

 

 

もう一つはみんなが知ってるアルゼンチンの「メッシ選手」です

注目してほしいゴールはアルゼンチンの先制点。

メッシ選手のトラップです。

 

 

・後ろからきたロングボールをモモでトラップ

・2タッチ目でシュートがしやすい、敵に取られない位置に置く

・それを相手のプレッシャーのある中、トップスピードで行う

 

簡単そうに見えて実はかなりの難易度です。

流れの中で、さらっと行うこういったプレーができるように、練習することが重要です。

 

 

 

岩倉校では、1日限定のシュートクリニックを開催いたします。

空き枠残りわずか!シュートが上手くなりたい子集まれ!

 

シュートクリニック詳細はこちら

 

 

大府校では、9月より特別クラス「シュートクラス」の開講が決定!!

シュートはもちろん、シュートを打つためのプレーや1対1など、ゴールを奪うことに特化したクラスです。

シュートクラス詳細はこちら

 

 

 

みんなはゴールを奪える選手になりたくないか?

 

 

 

 

 

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ