【刈谷、愛西、稲沢校】熱中症対策

2018年7月18日

いつもお世話になっております。

刈谷、愛西、稲沢校担当山内です。

遂に毎年訪れるこの季節がやってきました。

暑いですよね。

今年は特に高温になる日が多いみたいです。

そんな中、熱中症で緊急搬送されている方が増加傾向に有り、死亡したケースもニュースで取り上げられていました。

以下熱中症情報です。

熱中症が原因で死亡する事もある。特にIII度の熱中症においては致死率は30%に至るという統計もあり、発症した場合は程度によらず適切な措置を取る必要があるとされている。また死亡しなかったとしても、特に重症例では脳機能障害や腎臓障害後遺症を残す場合がある。

屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こり得る。湿球黒球温度[注 1]21 – 25℃あたりから要注意になるといわれている。国立衛生研究所の資料によると、25℃あたりから患者が発生し(段階的に増え)、31℃を超えると急増する。

日射病とは違い、室内でも発症するケースが多い。高温障害で、日常生活の中で起きる「非労作性熱中症」と、スポーツ仕事などの活動中に起きる「労作性熱中症」に大別することが出来る。

 

どうやって予防していくのかが大事になってきます。

運動しない時(休憩時)などはなるべく日陰へ

スクール時の水筒の中身をお茶からスポーツドリンクに変更したり。

汗はすぐ拭き取る。

ユニフォームの中にアンダーを着ておく事や

冷房がガンガンに掛かった部屋で生活していると温度差でという事もあります。

夜更かしをしない。

食事は好き嫌無く偏った食事をしない。

etc…

他人事では無く、誰がいつ熱中症になるかわかりません。

それは僕にだって有り得ますし、親御さんも有り得る事です。

生徒さん達に限らず私達大人も気を付けていきましょう。

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ