【NAS春日井校】日本代表と同じように暑さ対策

2018年8月03日

こんにちは。

NAS春日井校コーチの北野です。

 

連日、猛暑が続いております。

熱中症が心配な時期です。

 

NAS春日井校のフットサルスクールでは、サッカー日本代表(U-17とU-18)が行なっている暑さ対策を行なっています。

image1-2

 

嬉しそうな顔をしています(笑)

 

動静脈吻合と呼ばれる特殊な血管が手のひらや足部に備わっていて、体温調節に関わっています。

また、上肢(手や腕)は熱放散(熱を身体の外に逃がすこと)に適した構造になっています。

つまり。

手のひら、上肢を冷却することで効率的に体温上昇を抑えられる可能性があります。

 

U-17&U-18日本代表での測定結果です。

スクリーンショット 2018-08-02 20.17.20

細かな氷の粒子と液体を摂取するアイススラリーという方法もあります。

 

暑熱環境下でのパフォーマンス発揮に有効な方法も日々研究されています。

 

指導だけではなく、生徒の力を発揮できる環境整備も、コーチは日々学び続けています。

 

担当コーチの考えているコト、トレーニングの振り返り等は>>>>こちらから

体験申し込みは随時、受け付けております。お問い合わせは 0568-92-8107

NASサンマルシェ春日井校の詳細は>>>こちらから。

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ