高学年クラスの特徴【NAS大高校】

2016年4月19日

こんにちは。名古屋オーシャンズフットサルスクール豊田・北名古屋・NAS大高校担当の木村コーチです。

 

今回のブログはNAS大高校の高学年クラスについて書きたいと思います。

IMG_7641※写真は低学年クラスの練習風景です

 

昨年10月に開校したNAS大高校ですが、高学年クラスは小学4年、5年、6年生を対象に毎週水曜日と金曜日の17:40〜19:00に練習しています。

高学年クラスの人数も着実に増え、水曜日が11名、金曜日が15名になりました。

 

NAS大高校はスポーツクラブNAS大高の中にあり、写真の通り完全屋内のコートで練習しています。空調設備もあるので年間通して快適な環境で練習できます(保護者の皆様にとっても快適な環境だと思います)。

 

またフットサルのコートとしてはかなり小さめのコートであるため、より一層基礎技術(止める・蹴る・運ぶ)が磨かれます。

 

他のコートでは問題にならないような小さなミスが命取りになるので、他のスクール校よりも基礎の反復に時間を割いて練習しているところが大きな特徴です。

 

基礎の反復練習といってもただ単に単調な動きの繰り返しをさせているわけではありません。

例えば横パスを受けてからコーンをジグザグにドリブルして、シュートする練習では、パスの受け方(フェイクや体の向き)、受ける箇所(足裏、インサイドなど)を細かく指導します。

ドリブル中の姿勢やタッチの精度、シュートの種類(トゥーキック、インステップ、インサイド、ループなど)なども色々なバリエーションで練習しています。

 

例えばNAS大高校のコートで試合中にパスを受けようと思うと、DFの背中に一度入ってから顔を出す動きなどの「受ける動き」をしないとほとんどの場合受けることすらできません。

受けれてもすぐにプレスを掛けられて潰されてしまいます。

 

パスを出す方も味方のどっちの足にどのようなスピードのパスを出すかまで考えて出さないといけません。

時にはアウトサイドやヒールキック、ループパスなどのDFの意表をつくプレーも必要になってきます。

 

まだまだ判断のミスやプレーのミスも多いですが、半年前に比べればみんなものすごく上達してくれています。

これからも1つ1つのプレーにこだわって、どんどん上達していってくれると思います!

 

NAS大高校の体験申し込みは、スポーツクラブNAS大高(052-883-8921)まで直接お申し込みください!体験待ってます!!

 

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ