【桑名校】いつからスポーツ始めるのが良い?〜その質問に理由をつけてお答えします〜

2018年3月11日

名古屋オーシャンズフットサルスクール桑名校の永谷コーチです。

今回はよくある質問

 

いつからスポーツをさせた方良い?

 

にお答えします。

 

 

私の答えは

スポーツをするのは早ければ早いほど良い。

 

です。

ということで、いつからと聞かれると〝今〟とお答えします。

理由は神経系が形成される時期と関係します。

12歳までに運動神経は決まる。

 

〝ゴールデンエイジ〟は聞いたことがると思います。
ゴールデンエイジとは。

「9歳〜12歳の年代は心身の発達が調和し、動作習得に最も有利な時期とされています。集中力が高まり学習能力が向上し、大人でも難しい動作も即座に覚えることができます。世界中で非常に重要視され、スポーツに必要なあらゆるスキルの獲得に非常に最適な時期として位置づけられています。
12歳で神経系は100%に達すると言われています。

 

 

 

そして重要な〝プレゴールデンエイジ〟

〝ゴールデンエイジ〟の前段階。

ここが非常に重要です。
3歳〜8歳までの期間を〝プレゴールデンエイジ〟といいます。

神経回路が80%まで形成され、急激な成長を迎える時期です。
運動能力の基礎は、この年代で形成されます。
つまり、この年代の子どもには遊びやスポーツでたくさん体を動かせてあげることが大切です。

現代の子どもは運動能力が低下していると言われる理由としてはこの時期に外で体を動かす機会が単純に減っていることが考えられます。

 

 

この〝プレゴールデンエイジ〟の時期にいろんな動きづくりをして運動の基礎を形成することで後に来る〝ゴールデンエイジ〟で伸びる爆発力に大きく関係してきます。
だからこそ早くにスポーツを体験することが非常に大きなメリットがあります。
そしてその体験するスポーツがお子さんにとって〝楽しいもの〟であれば最高です
ここで桑名校で最高にスポーツを楽しんでいる幼児クラス(5歳、6歳)をご紹介♪


まずはボールを扱うだけでなく、様々な動きを色んな方法で体験させてあげます。

 

※過去に桑名校を卒業した生徒は幼児から通い6年生時にはサッカーのナショナルトレセンに選ばれました。
過去ブログ>>>https://oceansschool.com/8473

 

 

幼児クラスはみんなサッカー、フットサル初めてです。

この時期にたくさん動いて運動の基礎を作りましょう!
もちろん楽しみながら。

img_04
桑名校詳細ページ>>>>コチラ

 

 

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ