【北名古屋校】【四日市校】魅力を伝えられるコーチに

2018年9月30日

こんにちは

北名古屋校・四日市校コーチのシモセチです。

 

みなさんは自分の関心があることや考えていることについて、たまたまネット記事や本で触れられていると気になってしまうことはありませんか?

先日、私がそのような体験をしましたのでご紹介させていただきます。

 

記事には、、、

 

「サッカー選手になれる確率は低いのだから、サッカーにハマるのは無駄だ」

これは裏を返せば、「サッカーをやるからには、サッカー選手にならなければならない」という謎の強迫観念にとらわれているということだ。

サッカーという入り口は、サッカー選手という出口にしかつながっていない…… とても 窮屈な考え方だ。

「サッカーに没頭する」という体験がもたらす可能性は、「プロのサッカー選手になる」ことだけじゃない。

 

という言葉が掲載されていました。

 

これを見たときに頭の中がクリアになり、1 年前のことを思い出しました。

 

富山でボランティア指導者として活動していたときに、チームの監督に「オーシャンズスクールのコーチとして働くことになりました」と伝えたところ、それはよかった、あなたのおかげで子供達に将来には選手以外の道もあることを示すことができると言われました。

 

全員がプロの選手になれるわけではないけれど、指導者が子供達にサッカー・フットサルの「魅力」を伝えることができれば、その子はサポーターとして関わり続けることになるかもしれないし、指導者になりたいと思うかもしれないし、選手を支えるトレーナーになるかもしれません。

 

日本のフットボールが強くなるためには、システム論や最新のトレンドなど学ぶ必要が少なからずあると思います。

しかし、本来子供達に伝えるべきなのは「サッカー・フットサルの本質的な魅力」であると僕は思っています。

みんなが心からフットボールを楽しみ、文化になったその先に日本が世界を相手に勝つ時が、W 杯で優勝する時代が訪れるのではないでしょうか。

 

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ