【豊田・NAS大高校】インプットたくさんの3日間

2018年10月11日

こんにちは。名古屋オーシャンズフットサルスクール豊田・NAS大高校コーチの木村です。

みなさん3連休はどのように過ごされましたでしょうか?私は(休みではありませんでしたが)とても充実した3日間でした。

色々なことで学びがありました。

 

まず3連休の初日。午前中はお休みを頂いて上の娘の運動会に行ってきました。年少なので大したことはやらないだろうと思っていましたが、意外にしっかりしたものをやっていて驚きました。

「幼稚園の先生すごいなぁ〜!プロだなぁ〜!研修してくれないかなぁ〜」っって思いながら観てました。娘を含めてちっこいのが頑張ってる姿はなんか笑えますね。

たまたまスクール生の子も同じ幼稚園に通っていますが、楽しそうにしていました。

 

その後はオーシャンアリーナでセカンドチームの一次セレクションでした。

事前に「めっちゃ緊張している」という情報をたくさん頂いていたので、予想はしてましたが、みんなど緊張していましたね 笑

多分人生で初のセレクションという子がほとんどだとは思うので、しょうがないです。というかそれも経験です。

アップで声出しが必要なメニューを入れて緊張を少しずつ解きほぐしながら、最後のゲームでは良いプレーがたくさんありました。どの選手も良いところを持っていて選考は難しいものになりました。

合格に至らなかった選手も素晴らしい才能を持っているので、悔しい気持ちをガソリンに変えて頑張って欲しいと思います。

 

翌日の10/7はサッカー・フットサルライセンスの講習会に参加して来ました。Fリーグ選抜の高橋監督から試合前に対戦相手の分析とその対策を聞かせて頂き、実際に試合(Fリーグ選抜対バルドラール浦安)を観戦し、試合後にまた高橋監督からお話を聞けるという贅沢な講習でした。

DSC_0179

フットサルの醍醐味である戦術的な駆け引きを存分に味わえました。現役の監督の生の言葉は1つ1つがとても勉強になりました。高橋監督は昨年までオーシャンズのコーチを長らく務められていたかたですし、私達に毎月講習をしてくれていた方でもあります。ベンチで指揮をとる高橋監督はオーラがあってかっこ良かったです。

その後は名古屋オーシャンズ対フーガドールすみだというFリーグ屈指の好カード、オーシャンズのサテライト対フウガのバッファローズというアマチュアの最高峰の戦いを観戦しました。

朝の講習から廣瀬コーチと一緒に観戦していましたが、廣瀬コーチにたくさん質問してフットサルのことをたくさん教えて頂きました。

周りに尊敬できる先輩がいることは指導者として本当にありがたいです。私が成長することが選手達の成長にも直結すると思っているので、学び続けることは指導者としての義務だとも思っています。

 

最終日はFC東京のスクール生チームとのトレーニングマッチでした。オーシャンズは10月から始動したばかりの新生エリートプログラムと今回のために募集した3,4年生によるスクール生チームの各2チームずつの4チームで臨みました。

DSC_0187

ここでちょっとしてトラブルが発生しました。

1つのスクール生チームで「GKが1人足らない」のだそうです。

基本的にチーム内の問題は選手だけで解決して欲しいと思っていますが、この日は寄せ集めの急増チーム。少しだけ介入することにしました。

 

「GKが1人足らないけどどうする?誰かにもう1回やってもらう?」

「みんながフィールドの方が好きなのはわかってる。でもそれはGKをやってくれる子達も一緒じゃない?それなのに”自分はやりたくないから”と言う理由で押し付けるのはちょっと違うんじゃない?」

 

すぐに1人の選手が手をあげてくれました。

 

「フィールドの選手として上手くなりたい」という気持ちと「GKがいないと試合ができない」という気持ちの間できっと葛藤があったのだと思います。

 

心理学には社会的ジレンマという言葉があるそうです。

 

社会的ジレンマ(しゃかいてきジレンマ、social dilemma)とは、社会において、個人合理的選択社会としての最適な選択に一致せず乖離が生ずる場合の葛藤ジレンマ)を言う[1]

(Wikipediaから抜粋)

 

「フィールドとして出場して上手くなりたい」という気持ちは個人のとしては合理的な判断です。でも社会=チームにおいてはGKがいないと試合が成り立たず、フィールドプレーヤーとしての成長の機会も無くなってしまいます。

 

社会の中ではこのようなジレンマ(=葛藤)が常にありますよね。

 

このような問題はちょっとした想像力と思いやりでクリアできます。

今回最初にGKをやりたがらなかった選手の中には「恥ずかしくて手が挙げれなかった」「GKが苦手だからチームに迷惑を掛けてしまう」といったように悪気がない子もいたのだと思います。

そんな時にもう一歩踏み込んで考えて「自分がGKをやらなかったらどうなるか?」を想像してみると良いかもしれません。

 

話し合いの後、1人の選手が「僕もGKやります」と言いに来てくれました。

ほぼ初対面のコーチに勇気を出して申し出てくれたことがとても嬉しかったです。

その時にはもうGKは足りていたので「ありがとう。でも今日は足りてるから大丈夫だよ!誰かが怪我をした時に頼むかもしれないから、その時はよろしくな!」と話しました。

子どもの成長する瞬間に立ち会えたような気がしてとても嬉しかったです。

 

トレーニングマッチの後は、JFA第24回全日本U-15フットサル選手権愛知県大会とJFA第9回全日本U-15女子フットサル選手権愛知県大会の応援をしに名古屋市体育館に移動しました。

DSC_0193

DSC_0190
DSC_0190
DSC_0188
DSC_0188

卒業生たちが戦っている姿に新たなモチベーションをもらえました。尊敬する若山コーチ、山田コーチの采配やベンチでの立ち居振る舞いも勉強になりました。

 

たくさんのことをインプットさせてもらえた3日間でした。

1つ1つをしっかり消化して、スクール生達の指導に生かしていきたいと思っています。

 

>>>豊田校詳細ページはコチラ

>>>NAS大高校詳細ページはコチラ

~~~~~~~~~

<スクール生及び保護者の皆様へ>

いつも私のスクール校に通って頂いてありがとうございます。

クラスの編成上、練習時間外で生徒のみんなや親御様とコミュニケーションを取る時間が不足してしまい、申し訳なく思っております。

私といたしましては「生徒たちが今何を考えていて、どんなことに悩んでいるのか」もっと知りたいと考えております。

困ったこと・気になること・悩み相談・何かの報告などありましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。

>>>メールで相談したい方はコチラ

 >>>お電話でのご相談はコチラ(052-829-1566)

 

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ