まずは「個」の育成から。

スクール育成メソッド:段階的育成~確実なステップアップを~

 

当スクールはジュニア年代で確実に習得しておきたいコア(核)となる部分のスキルをフォーカスしながらも、次のステップへスムーズに移行できるように先を見据えた指導を致します。

 

オーシャンズスクール育成メソッド1

 

【基礎的個人スキル】

・動作の習得(自分の体を理想通りに動かす)

・ボールフィーリング(ボールの特性に対する感覚)

・ボールタッチ(足でボールを操る感覚)

・ボールを蹴る

 

【発展的個人スキル】

・主体性を持ち主張できるコミュニケーション能力

・プレッシャーに対する、または状況に応じたボールコントロール

・1対1の競い合う駆け引き

・ボールを奪う

・味方とのプレー

・ボールを持っていない時のプレー

・スペースの認識、概念

・ゴール(目的)に対するプレーの選択(優先順位の判断)

 


 

〜名古屋オーシャンズフットサルスクール指導指針

 

【スクールのあり方】

  1. 感動できるスクール(心を動かす)
  2. 楽しみながら上手くなる
  3. フットサルで上手くなる
  4. 初心者から上級者まできめ細かな対応
  5. 自分の考えを言語化(主張・説明)できる人間を育てる

 

【スクールとして目指すプレイヤー像】

『フットサルを通じて駆け引き(ゲーム)を楽しめるプレイヤー』

→その為に獲得すること…

  • 色々な球種を蹴ることができる
  • 思った方向、場所に止めることができる(次のプレイとリンク)
  • ボールに囚われずにボールを扱える技術
  • 最善のプレイを選択する為に情報を集めることができる
  • 常に狙いを持っている
  • ボールを持っていない時に関われる
  • 予測ができる
  • 要求ができる
  • 狙いを持ち積極的にボールを奪える

 

当スクールとして求められるコーチのスキルと理想像
1.安全管理ができる
2.声がでる、言葉がでる
3.無駄のないタイムマネジメントができる
4.狙いを持ったプランを立てれる
5.説明がわかりやすい
6.レッスンテンポが良い(飽きさせない)
7.流れの中で分析できかつコーチングできる
8.押し付けない
9.子供の心をつかむ、動かす
10.褒めて乗せる、その気にさせる
11.時には愛情をもって叱れる(何があっても絶対に手を出さない)
12.保護者の理解と共感を得る

ページトップ