コーチプロフィール

>>大島コーチ(長久手)
>>>木村コーチ(豊田,大高)
>>>滝口コーチ(豊橋)
>>>廣瀬コーチ(エリートプログラム)
>>>山内コーチ(刈谷,愛西,稲沢)
>>>杉本コーチ(大府,岩倉)
>>>下畝地コーチ(北名古屋,桑名)
>>>冨田コーチ(春日井)
>>>竹村コーチ(四日市)

大島コーチ

oshima
★大島 裕樹(オオシマ ヒロキ):長久手校担当

 

>>> 長久手校詳細ページ 

名古屋オーシャンズフットサルスクール大府校にてJリーガー、アンダー日本代表、オーシャンズユースアカデミーU15、U18、U23生、名古屋グランパスU12生を2017,2018年輩出。小学生年代のトレセン合格者を毎年輩出。
日本サッカー協会公認B級ライセンス所持。

こんにちは!大島コーチです。

自分は夢や目標を見つけられませんでした。

なんとなく大学へ進学、なんとなく就職し、社会へ出て初めて世間の厳しさを思い知
り、辛い思いをしました。

そんな不本意な状況に立っているのは自分のそれまで行いの積み重ねの結果で
自分は面倒な事や困難から逃げてきたんだと感じ、深い後悔の念から「このままじゃいけない」と心で叫んでいました。

しかし過去は変えられません。…できる事を精一杯やるしかない。

それからは好きとか嫌いとかそんな気持ちは捨てて、困難でも自分の成長の為になる
事を選択していこうと決めました。

自分の大好きな、そして学ぶ事を教えてくれたフットボールと関わる事ができ、人を
育て、社会に貢献できる点にやり甲斐を感じて「指導者」を志したのです。

——————————————————————————————————-
愛知県名古屋市で1979年5月22日に末っ子長男として生まれる。

幼少期は動物・恐竜図鑑などを飽きもせずに観たり、工作やミニカー集めに没頭。
引っ込み思案であったが毎年クラスNO,1の運動神経で勘違いし負けず嫌いに。

中学ではサッカー部が無かったがJリーグ発足で湧く時代にのっかるように親友に誘
われて公園でストリートサッカーを始める。

指導者のいない環境でどうしたら効率良く技術習得をするかを常に考え練習し、スピードを活かしたドリブルとシュートを得意とした。

高校ではサッカー部に入るものの独立心が旺盛すぎて管理教育に疑問を持ちサッカー
から遠ざかり、高校中退も考えるがなんとか踏みとどまり卒業。

大学時代にフットサルという競技を知って以来続けるが当時は「趣味と仕事は別物」
と考え一般企業に就職し販売、営業、事務職を経験する。

しかし、研究熱心が高じて日本サッカー協会公認ライセンスを取り指導者の道に。

2008年4月から名古屋オーシャンズフットサルスクールの前身となるBanff Jr.フットサルスクール大府校水曜日担当から当スクールコーチをスタート。

2009年3月には日本初開催の講習会で日本サッカー協会公認フットサル指導者ライセンスを愛知県第一号として取得。

2015年4月には全国レベルのジュニア育成を目指して日本サッカー協会公認B級指導者ライセンスを取得しました。

B_oshima

2017年4月 日本サッカー協会公認フットサル指導者B級ライセンスを取得。

FB_oshima

トライ&エラーを地で行く本人はフットボールを通じて、
「自分の努力を信じる強い心、やる気次第で未来は自分で変えられる」

という信念を持つ。
>>>ページ上段へ戻る

木村コーチ

nagaya
★木村 幸司(キムラ コウジ):豊田校/NAS大高校 担当

>>>豊田校詳細ページ

>>>NAS大高校詳細ページ

こんにちは!木村コーチです。

子どもが大好き、スポーツが大好きなことから高校生の頃からいろいろなスポーツの指導をしてきました(空手、スイミング、体操)。

指導において大切にしてきたことそれは「楽しさ・真剣さ・謙虚さ」の3つです。

謙虚に、真剣に、楽しもうとする姿勢があれば必ず成長できます。子どもの半歩先を歩き、子どもの成長に寄り添える、そんなコーチでありたいと考えています。

以下、略歴です。

兵庫県西宮市で生まれる。名古屋市を経て大阪府に転校しサッカーと出会う。

親の転勤で高校に上がると同時に愛知県に戻る。中京大学体育学部を卒業し、スポーツクラブに就職しスイミング、体操教室のコーチとなる。小さい頃からの夢を叶えるためサッカー(フットサル)コーチを志し、現在に至る。

 

木村コーチからみんなへ

「楽しいと”楽(ラク)“は似ているけど違います。楽しみたいなら楽(ラク)していてはいけません。もしキミがサッカー・フットサルを”楽しみたい“なら木村コーチは全力でサポートします!いっしょにボールを蹴ろう☆」

 

2018年1月 日本サッカー協会公認C級指導者ライセンスを取得しました。

スクリーンショット-2018-04-27-14.18.16

2018年1月日本サッカー協会公認フットサルC級指導者ライセンスを取得しました。

スクリーンショット-2018-04-27-14.18.54

生徒たちにインタビューしました>>>「木村コーチってどんなコーチ?」(動画)


>>>ページ上段へ戻る

滝口コーチ

takiguchi
★滝口 道康(タキグチ ミチヤス):豊橋校担当。

>>>豊橋校詳細ページ

豊橋校を担当する滝口と申します。

私は幼少のころ兄の影響でサッカーをはじめ、高校まで神奈川県で育ち大学は愛知県の大学に進学しました。大学卒業後は神奈川県に戻り、フットサル場で幼児・小学生の指導を13年間して来ました。

子供を指導して来て感じた事は、ありきたりなことですが子供達はとても純粋だということです。

ちょっとした事でボールを蹴る事が好きにもなりますし、嫌いにもなってしまいます。また、子供は失敗をする事で自信を失ってしまう事が多々あります。

「失敗=ダメなこと」ではなく、「失敗=ナイスチャレンジ」なのではないでしょうか?

『有言実行>有言無行>無言無行』もちろん有言実行に勝るものはないですが、何もアクションをしない(無言無行)と失敗も気づかないままです。

——————————————————————————————————-

幼少からサッカーをはじめ、中学時代はドイツで行われた国際大会に出場。高校時代は桐蔭学園サッカー部在籍、関東大会出場。

大学時代は愛知学院大学サッカー部在籍、3年時に総理大臣杯出場(全国大会3位)、天皇杯出場。
4年時に愛知学生選手権ベスト11、天皇杯出場

生年月日:1978年6月27日
出身:神奈川県横浜市
血液型:O型
趣味:ゴルフ

日本サッカー協会公認C級指導者ライセンス所持

C_takiguchi

日本サッカー協会公認フットサルB級指導者ライセンス所持
 B_takiguchi

>>>ページ上段へ戻る

廣瀬コーチ

hirose

★廣瀬 瑞(ヒロセ ミズキ):エリートプログラム担当

>>>エリートプログラム詳細ページ

私は、小学校より大学までサッカーをした後、フットサル場の個人参加型フットサルでフットサルに出会って以降、すっかりその魅力にハマってしまいました。

サラリーマンをしながら、社会人チームで競技フットサルの選手、監督として10年以上フットサルをしてきました。

フットサルのおかげで充実した時間を過ごし、かけがえのない経験をたくさんすることができましたが、と同時に、もっと早くフットサルと出会えていればという思いを強く持っていました。私のジュニア、ユース時代にフットサルはありませんでした。

フットサルはサッカーとは一味違う魅力がたくさんありますし、大きくなってフットサル、サッカーどちらを志すにしても、幼少期からフットサルに触れることは間違いなく大きな意味があります。

まず、ディフェンスからのプレッシャーに強くなり、ディフェンスではより強いプレッシャーをかけられるようになります。

相手のディフェンスを2~4人で崩すためのアイデアをたくさん持てるようになり、判断速度が上がります。

得点に絡んだり、失点を防ぐような、決定的なプレーをできるようになります。

また、技術面だけでなく、フットサルはより速く決断し、自分の責任でそれを実行する機会が多く、少人数だからこそ、チームメイトとの協力も非常に重要なスポーツのため、子供にとって大切な自主性、協調性を養えます。

この精神面の成長こそが、実は一番大切で、個人差が大きいジュニア世代では、プレーでの成果を全ての子がすぐ出せるとは限りませんが、ジュニアユース、ユースと育っていく過程で必ずや一番の強みになっているはずです。社会人生活でも活きる一番大切なことです。

フットボールでなぜ精神面が鍛えられるのか?より詳しい理由についてはこちら

私は一児の父親でもありますので、ついつい他の家の子と我が子を比較してしまう親心も理解できますが、ジュニア世代で一番大切なことを、焦らずじっくりと育みませんか?きっと一生の財産になります。育児経験、社会人経験を生かして、今からフットサルを始めるお子様から、上昇志向の強いお子様まで、一人一人の成長に合わせた指導をさせていただきます。お会いできるのを楽しみにしております。

経歴

東京都足立区出身 O型

2016年4月から名古屋オーシャンズフットサルスクール四日市校担当

2016年5月から愛西校担当(~12月)

2016年8月から選抜コース(エリートプログラム)担当

2018年4月から北名古屋校担当(〜6月)

現在は、ISO取得に伴い、各スクールの巡回を担当

 

日本サッカー協会公認C級指導者ライセンス保持

hirosec

日本サッカー協会公認フットサルB級指導者ライセンス保持

スクリーンショット 2018-05-01 13.54.26

>>>ページ上段へ戻る

山内コーチ


IMG_1168

:山内大貴(ヤマウチ ダイキ)

刈谷校/NAS稲沢校/愛西校担当

>>>刈谷校紹介ページ

>>>NAS稲沢校紹介ページ

>>>愛西校紹介ページ

出身    :  愛知県名古屋市出身
生年月日 :   1989年6月9日生まれ
血液型  :   O型

【経歴】

[小学生]
名古屋FC
愛知FC
名古屋SS

[中学校]
日比野中学校
全国大会出場、東海大会出場

[高校]

全国大会出場、県大会出場

[社会人]
名古屋市リーグ参加
日進市リーグ参加
安城市リーグ参加

【挨拶】

初めまして!
山内コーチです!
やるからには、サッカー•フットサルを上達させるのはあたりまえですが、それ以外の部分にも力を入れ強く逞しい人に育てていくのが私の夢であります。
小学生は足のスピードや体格に成長のバラ付きがある為、上手く見える選手もいますが中学校に上がれば皆追いついてきます。
その時に皆が追い付けない武器を今のうちに身に着けさせるのが私の仕事です。
小学生の時、体が弱く入退院の繰り返しであった為医師の勧めを受けた母が新聞に載っていたクラブチームに電話を掛けてセレクションを受けさせられたのがサッカーと出会うきっかけです。
しかしながら、出会ったクラブチームは強豪なクラブチームで、玉蹴りしかした事無い私にはレベルが合っていないチームでした。ですが、負けず嫌いだった私は母に頼み計3つのクラブチームに通いました。

中学校に上がり、ここで〈部活〉という物に出会います。部活はサッカーだけのクラブチームとは違い生活態度までが成長に入ってきます。相当厳しい毎日でしたが、結果も残し私が1番成長できた場所だと感じております。高校に上がり、一生懸命取り組んでいたのですが、目立った結果も残せないまま、高校生活を終えました。
親に迷惑を掛けたくなかった私は大学には進まず就職を選びました。プロになれる成績も無く、大学も飛び切り良い大学に進めなかったのが理由です。
ですが、今でも社会人サッカー、フットサルを続けています。
一生現役でプレーしていきたい。
何より子供達に教えれるのは現役プレイヤーの立場に立てるからです。

山内にメールはこちら


>>>ページ上段へ戻る

 

杉本コーチ


★杉本一暁(すぎもとかずあき):大府校・岩倉校担当

大府校ページ>>>コチラ

岩倉校ページ>>>コチラ

愛知県出身。1994年6月14日生まれ

小学校2年生から地域の少年団でサッカーを始める。

小学5年生に上がると同時にクラブチームに所属するが、自分より上手い同級生にからかわれることが嫌で小学校卒業と同時にサッカーから離れる。

中学、高校とそれぞれ別の運動部に所属するが、ボールを蹴る楽しさが忘れられず、就職後フットサルを始める。

仕事について悩む中で、いつからかフットサルを仕事にしたいと考え現在に至る。

【ご挨拶】

はじめまして。杉本コーチです。

私は、小学生の頃にサッカーを一度挫折しました。

自分には向いてないと子供ながらに判断したのですが、

この判断は、大きな後悔を生みました。

あの頃サッカーが楽しいと思えていたら、あの頃『もっと上手くなってやる!』と考えていたら、全く違った未来になったかもしれません。

生徒たちにはフットボールを心から楽しんでもらいたいです。

生徒たちと同じ年代で挫折してしまった経験があるからこそ、自分と同じ後悔はして欲しくないです。

生徒達が後悔しない選択ができるよう、全力でサポートしていきます

2018年7月 日本サッカー協会公認C級指導者ライセンスを取得しました。 すぎもと

2018年7月日本サッカー協会公認フットサルC級指導者ライセンスを取得しました。

杉本

 


下畝地コーチ

IMG_2700

★下畝地 柊 (しもせち しゅう):北名古屋校・四日市校担当コーチ、桑名校アシスタントコーチ

>>>四日市校詳細ページ

こんにちは、コーチのシモセチです。
自分がレッスンで大切にしていることは「夢中」です。子供達が夢中になって取り組めるようなレッスンを心がけています。 夢中で取り組んでいるうちに、気がつけば上手くなっているというレッスンになっていれば幸いです。
特別変わったトレーニングはしていませんが、雰囲気の違いは感じていただけると思います。一緒に成長しましょう、環境の違いが選手レベルの違いに現れます。
経歴
1995年12月生まれ
愛知県清須市出身
小学校から高校まではサッカー部に所属。大学からはボランティアの指導者として富山で小学生年代のチーム活動に携わる。2018 年 4 月からは名古屋オーシャンズフットサルスクール北名古屋校、四日市校のコーチをそれぞれ担当。
(指導者)
富山大学附属小学校 (2014〜2018)
名古屋オーシャンズフットサルスクール (2018 年 4 月~現在)
日本サッカー協会公認C級指導者ライセンス保持
あ
日本サッカー協会公認フットサルC級指導者ライセンス保持

図


冨田コーチ

冨田 俊司(NAS春日井サンマルシェ校)

出身:愛知県知多市   生年月日:1993/08/17

【選手歴】

南粕谷JSC ― 知多SC ― 東海学園高校 ―FC知多クレスク

 

【指導歴】

南粕谷JSC

 

【挨拶】

初めまして!冨田コーチです!

 

5歳~22歳まで現役でプレーし、その後は、高校卒業と同時に始めた指導者の道に専念してきました。地元の少年団での指導や地区のトレセン活動を通して得られた経験を生かして、これからはオーシャンズの指導者として精進していきたいと思います。

 

【指導者として】

指導者として大切にしていることは大きく2つあります。

 

1つは、『子ども(選手)は指導者の鏡である。』ということです。

指導者が成長した分だけ子ども(選手)も成長します。またその反対もあり得ます。

そのことを常に意識し、楽しみながらも、情熱と責任感をもって指導に携わっていきます。

 

もう1つは、フットサル、サッカーを通して人生を伝えることです。

・挨拶をする ・時間を大切にする ・体調管理をする ・自分の役割を全うする

・準備をする ・夢や目標に向かって一生懸命努力する 等々、

より良い人生を歩むために大切なことは多々ありますが、子ども(選手)と関わる中で、そういったことも伝えていきます。そのことが、更なる技術の向上にもつながります。

 

子ども(選手)の夢の実現や目標の達成のために、全力でサポートしていきます!

よろしくお願いします!

日本サッカー協会公認C級指導者ライセンス保持

★竹村賢吾コーチ:四日市校担当

こんにちは。竹村コーチです。

私はフットボールを通じて2つの言葉を学び、感じています。
「失敗は恥ではない、挑戦しないことが恥である」「失敗は成功のもと」この2つです。サッカー・フットサルはミスの多いスポーツです。「あの時、あれをしておけば」と感じることが多いと思います。しかし、そのミスを受け止めて改善(練習)し、次に繋げることができれば1つのプレーでも成長できます。これはサッカー、フットサル以外の生活でも同じだと思います。何事にも失敗を恐れずチャレンジして成長できる選手をフットボールを通じて指導していけたらと思います。
今までできなかったプレーができるようになった時の子供の笑顔が私自身のモチベーションであり、選手自身のやる気スイッチの一つであると思います。そのスイッチを押すサポートをしていきます。
技術の上達、特に誰にも負けない武器を選手一人ひとりが身につけられるよう、私の競技経験と指導力でサポートしていきます。
[競技歴]
小学校2年生から高校3年生までサッカー部に所属。
大学から社会人フットサルチームに所属し、長野県リーグ優勝、北信越リーグでプレー。
大学1.2.4年時ではU23フットサル長野県選抜でプレー。
[指導歴]
アロッサ松本ジュニアスクールコーチ

長野県出身
日本サッカー協会フットサル公認ライセンス保持。

日本サッカー協会公認C級指導者ライセンスを取得しました。

日本サッカー協会公認フットサル指導者C級ライセンスを取得。

管理栄養士を取得。

ページトップ