渡邉 克則コーチ

渡邉 克則

KATSUNORI WATANABE

follow me!

プロフィール写真

プロフィール

ニックネーム なべ、かつ、かっちゃん
生年月日 1999/5/15
出身地 岐阜県加茂郡白川町
身長 172cm
血液型 A型
利き足 右足
好きな食べ物 唐揚げ
好きなアーティスト back number
好きな色 緑色
休日の過ごし方 YouTube視聴

パーソナルチャート

所属・経歴・ライセンス

生徒・保護者へのコメント

COMMENT

私は小学生の時からフットサルをプレーし、私の人生はフットサルと共に歩んできました。 私はフットサルを通してフットサルの技術や戦術、個人やチームの目標に向けて努力する ことの楽しさ、悔しい気持ち、嫌な気持ち、嬉しい気持ち、感謝の気持ちなど本当に多くの ことを学ぶことができました。その経験があったからこそ今の自分があると言っても過言 ではありません。

私の指導者としての理念は「子どもたち一人一人と本気で向き合うこと」です。指導者は子 どもたち一人一人のレベルや性格などを考慮しながらその子に合った指導をしていかなけ ればならないと思います。そのためには子どもたち一人一人のことをよく知り本気で向き 合わなければいけません。その結果、子どもたちがフットサルをすることを楽しいと思い、 自分の目標に向けて楽しみながら努力をしてくれたら幸いです。またフットサルを通して 多くのことを経験し学んで欲しいと思います。そのために私は子どもたちの大切な人生に 関われることに責任と誇りを持ち、フットサルをやって良かったと思ってもらえるよう 日々精進していきます。

フットボールストーリー

STORY

5歳の時自宅でサッカー日本代表の試合を見たのがきっかけで、サッカーに興味を持ち、毎日家の庭や玄関前の 道路でボールを蹴り始めました。当時、私の地元にはサッカーやフットサルのチームはなか ったので毎日一人でボールを蹴っていました。

私が小学校4年生の時に地元に小学生のフットサルチームができ、小学校卒業までそのチ ームでフットサルをしました。初めてフットサルの試合を見たのも小学校4年生の時で、その試合は名古屋オーシャンズの試合でした。その試合を見たのをきっかけに私はフットサ ルに夢中になり、F リーガー(フットサル選手)になることが将来の夢になりました。

小学校卒業後進学した中学校には入りたい部活動がなかったため、中学校で一番厳しい練 習が行われていた野球部に入部をしました。ある時、ここでフットサルをしなければ一生後 悔をすると思い、野球部を途中退部し、中学校1年生の終わりに名古屋オーシャンズ U-15 のセレクションを受けました。中学校2年生からは行きは家族に近くの駅まで送ってもら い電車で片道2時間程かけて名古屋オーシャンズ U-15 の練習に通いました。帰りは父に会 社の近くの駅まで迎えにきてもらい、自宅まで送ってもらいました。帰る途中に父とその 日の練習の話をしたことは今でも私の良い思い出です。

高校進学後、名古屋オーシャンズ U -18 でプレーしました。高校3年生になる前に 膝を負傷したため、高校3年生の一年間はほとんどプレーをすることができませんでした。 当時の私の指導者の振る舞いに憧れを抱き、フットサルのコーチになることに興味を持ち 始めました。

大学に進学後は膝の傷も癒え岐阜県フットサルリーグのチームでプレーをするところまで回復をしま した。

現在はプレーをしていませんが、子どもたちに指導をしていると自分もプレーをしたくな る時があります。