【大府校】GKはゴールを守る最後の砦であり、攻撃の始まりである

2018年12月14日

大府校ページはこちら

 

こんにちは

コーチの杉本です。

 

今日は大府校で行なっているGKクラスの紹介をしようと思います。

 

このクラスは、オーシャンズスクールの中でも唯一、「ゴールキーパー」に特化したクラスです。

 

 

アジアサッカー連盟公認のGK指導ライセンスを所持している、山岸輝久コーチが担当しています。

山岸コーチは、フットサルの日本代表GKコーチとも親交があり、トップレベルの知識とそれを子供達に伝える経験を持っています。

山岸コーチの紹介はこちらから

 

 

この映像は少し前のある日の練習風景です。

この映像の中でGKをやっている生徒は現在5年生で、GK未経験の4月からこのクラスに通い始めました。

 

この映像は9月末頃のものなので、約半年での成果となります。

始めた頃の映像を捜しましたが、練習内容が毎回違うので、比較できるようなものはありませんでした・・・。

 

ですが、コーチたちからみても劇的に成長しています。

エリートプログラムのコーチにスカウトされたこともあります。

 

子供達は毎回、様々な練習に取り組み、集中して、そして全力で楽しんでいます。

 

チームにおけるGKというのはなかなか難しい立ち位置であります。

GK付きのシュート練習ではシュートが決まったら終了となることが多いですよね。

GKがかっこよく止めて、終了する練習はあまりないでしょう。

 

私たちコーチの中でも、GKの重要性を語られることは非常に多いです。

ですが、チームでGKに特化した練習を行うところはどれぐらいあるでしょうか。

 

なかなかGKについて指導できる指導者が少ないことも大きく関係しているでしょう。

 

山岸コーチの練習はいつも自然に集中できる仕組みがあります。

 

  • 現在GKをやっている
  • これから始めたい
  • 興味はあるけど、フィールドプレイヤーもやりたい(通常クラスと一緒に通ってくれている生徒もいます。もちろんGKクラスだけもOK)

 

そんな子供達はぜひ一度体験してみてください。

GKが上手くなる楽しさを実感できるはずです。

 

大府校ページはこちら

 

 

 

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ