【NAS春日井校】U-12年代 ゴール集

2018年12月29日

こんにちは。

NAS春日井校コーチの北野です。

 

JFA 第42回全日本U-12 サッカー選手権は、川崎フロンターレU-12の優勝で幕を閉じました。

その大会のゴール集がアップされていました。

動きながらでもしっかりボールを捉える強烈なシュート。

ゴール前や密集地での細かいダイレクトパスワークでの崩し。

色んなゴールが生まれました。

 

一回り小さいフットサルボールを扱うことでミート力が上がる。

狭いフットサルコートだからプレッシャーに慣れる。

判断スピードが上がって狭いスペースの崩しも出来る。

フットサルを習うことでサッカーに活かせる技術がたくさんあります。

 

 

NAS春日井校のU-8クラスの12月テーマは「シュート」だったのですが、スクール中にゴール後ろに立って、強いこだわりを持って指導した部分があります。

 

【いつゴールを観てシュートを意識しているか】

 

ボールは基本、どの選手も見ています。

でも目的地はゴールです。目的地を観ないと、目指す場所は分かりません。

(経験を積めば、ラインの位置でゴールの場所が分かるようになりますが)

 

ボールをもらう前、ドリブルしながら、ボールの移動中、いち早くゴールを観てプレーに狙いを持つことが、非常に大事です。

 

1月にはアジアカップが始まります。

代表の選手が、いつボールから目を離してゴールを観ているか、いつシュートを決断しているか、そんな所にも注目してみて下さい。

 

担当コーチの考えているコト、トレーニングの振り返り等は>>>>こちらから

体験申し込みは随時、受け付けております。お問い合わせは 0568-92-8107

NASサンマルシェ春日井校の詳細は>>>こちらから。

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ