【大府・岩倉校】怒るって難しいですよね

2019年5月01日


大府校ページはこちら

岩倉校ページはこちら

 

スペシャル体験ウィーク開催開催中!!

詳細はこちら

 

 

 

こんにちは

コーチの杉本です。

連休はいかがお過ごしですか?

 

 

僕はすごく久しぶりに、大型ショッピングセンターに遊びに行きました。

その時に、ある出来事が印象に残ったので、ブログにします。

 

 

推定、4~5歳というところでしょうか。

ある一人の男の子が、大泣きしながら泣き叫んでいました。

最初は迷子かなと思ったのですが、すぐ近くにお母さんらしき人がいました。

大泣きの理由はわかりませんが、お母さんは呆れて怒っている様子。

そのお母さんは、大泣きの我が子の手を引きながら早歩き、途中でいい加減にしなさい!と言いながら男の子のお尻をパン!!と平手打ち。そしてまたスタスタと歩き出し、どこかに消えて行きました。

 

ショッピングセンターなどではよく見る光景ですよね。

母親って大変だなと思いながら見てます。

その時ふと、子供は母親が何に対して怒っているのか、理解しているのかな?と思いました。

大泣きしていたり、頭の中が怒りなどの感情が溢れている状態で他人が言っていることの理解ってできるものなのでしょうか。

その親子の事情はわかりませんが、僕はできる限り冷静に、子供にしっかりと向き合ってあげたいと考えています。

 

 

スクールで子供達に怒ることもあります。

プレーについて怒ることは全くないのですが、人として、子供達の成長のために怒る時があります。

その時は必ず、子供と目を合わせて冷静に話をします。

僕には子供がいないので、正直親の気持ちは全てはわかりません。

ですが、子供にとって、よく意味が理解できない状態で怒られるのは、あまりにも酷かなと感じるので、きちんと理解できるように話します。

 

 

当たり前のことだと思いますが、当たり前だからこそ忘れてしまいがちなものなのかなと感じています。

子供の成長に関わらせていただいている責任を日々感じながら、練習しています。

 

 

スポーツから切っても切り離せない、指導者の恫喝。

人間は一方的に怒れば、相手に気持ちが伝わるのでしょうか?

 

冷静に話せば、全てが伝わるとも思っていません。

感情で怒ることはしたくないなと思います。

 

 

僕の中で、必ず心がけているのは、子供の立場も考えて話をします。

スクール中でも、子供達と同じ目線で練習することを心がけています。

 

 

習い事をご検討中の方は、ぜひ一度遊びに来てください!

子供と同じ目線の一風変わったコーチと一緒に楽しみましょう!!笑

 

 

スペシャル体験ウィーク開催!!!


大府校ページはこちら

岩倉校ページはこちら

 

 

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ