復活!スナイパーシューター  No.13 ラファ

2019年5月29日

さあ、いよいよホーム開幕が迫ってきました!
ホームカウントダウン特別企画
スクール生に特に注目してほしい4選手にインタビュー
ラストは、No.13 ラファ選手。

経歴
2011 ウィンプロ(Wimpro)(ブラジル)
2012-13 サン・ジョゼ・フットサル(Sao Jose Futsal)(ブラジル)
2013-14 イベリア・スター(Iberia Star)(グルジア)
2014-15 ブラジル・キリン(Brasil Kirin)(ブラジル)
2015-17 カルロス・バルボーザ(Carlos Barbosa)(ブラジル)
2017- 名古屋オーシャンズ
フットサルブラジル代

一昨年のシーズンラストの試合、優勝と引き換えに大怪我に見舞われ、昨シーズンは長いリハビリ生活を強いられたが、今シーズン復活。オーシャンカップでは、得意の左足シュートが猛威を振るった。そして日曜日に行われたシーズン開幕戦、チームの今シーズン初得点はラファ選手の「右足」から生まれた。
フットサルブラジル代表歴もあるラファ選手。サッカーをプレーしていた時期もあるという。トッププロになるまでにどのような生活をしてきたのか。ブラジルの育成環境なども交えて話を聞いた。

⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎

〜ブラジルでは幼少期はみなフットサル〜

Q、日本ではフットサルをプレーする子ども達もだいぶ増えてきましたが、まだまだサッカーが主流です。ブラジルではどうですか?

 

・まず、フットサルはサッカーと同等、あるいはそれ以上にプレー人口は多いです。メジャーなスポーツと呼べるぐらいです。ほとんどのサッカー選手がフットサル経験者です。今のサッカーブラジル代表でも8人ぐらいは、小さい時に本格的にフットサルをプレーしていました。

 

Q、ラファ選手も小さい時はフットサルから始めたのですか?

 

・私も4歳からフットサルを始めまして、11歳まではフットサルだけをプレーして13歳まではフットサルとサッカーを並行してプレーしていました。13歳から19歳まではサッカーだけをプレーしていました。

 

Q、日本でも、フットサルがサッカーに活きるということが語られるようになってきましたが、実際にユース年代はサッカーを経験されたラファ選手は、どのように考えてますか?

 

・フットサルとサッカーで両方プラスになったことがあります。フットサルがサッカーに活きた部分は狭いエリアの感覚。狭いエリアでプレーすることでプレッシャーになれ、広いコートでは余裕を持ってプレーできます。また、より頭の回転が速くなります。相手より一歩先を考えることができるようになります。そのほかに、足元の技術や足技、細かいステップワークが活きました。
逆に、サッカーがフットサルに活きている部分もあります。ロングボールや高いボールをトラップする感覚や、ヘディングなど、空中のボールプレーはフットサルに活きています。

 

Q、確かに、ラファ選手がピヴォの位置で高いロングボールを素晴らしいコントロールとボディバランスでトラップするシーンを良く見ます。

・あと、基本的にブラジルでは、サッカーをやる子でも先にフットサルをプレーすることを勧められます。というのは、一番はボールに触れる回数が多いためです。それでボールをコントロールする能力が上がります。サッカーでは、ポジションによってはボールがなかなか来ないですよね。そうすると、ボールに触れる機会が減るので、フットサルをプレーすることを勧められるわけです。

 

Q、なるほど。話は変わりますが、ラファ選手は強いシュートのほかに、狙いすましたシュートが得意ですが、どのようなことを意識していますか?

 

・トレーニングと経験を積んでいきました。昔は、なかなか得点を取れない選手、得点意識が薄い選手でした。先輩選手たちに、ピヴォである限りは得点が大切だぞ、得点を取る意識が高くないといけないよ、とアドバイスももらいながら、技術を磨いていきました。今もマサ(平田マサノリ選手)とよく話しているのですが、まず、ピヴォは相手のゴールに一番近い位置がゴールの可能性を高められる、なので、常に(パスを)受けてから、はたく(パスする)のではなく、その次のプレーというのをゴールに飛び込んででも絡めるように意識してないといけない。こぼれ玉にもすぐ反応できるように。良い位置にいる。良いポジショニングの取り方。これらを強く意識しています。良いポジションを取れることにより、ボールが来た時に、ゴールに向かうトラップであったり、良い(シュートまでの)持っていき方ができると思います。
あとシュートに関しても、個人でのトレーニングももちろんですが、キーパーとの1vs1、駆け引き、相手が予測してないことは何なのかを考えることが重要です。

 

 

Q、ありがとうございます。子ども達に伝えていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(通訳の宮澤さんにもご協力いただきました。ありがとうございました。)

⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎

サッカー王国ブラジルでは、将来サッカーをプレーするにしても、フットサルから始めるのが「当然」の環境だということが改めてわかった。また、ラファ選手はサッカーがフットサルに活きている部分もあると教えてくれた。ぜひ、ラファ選手のプレーを会場で見て、そのテクニック、パワー、スピード、シュート、トラップ全てに注目してもらいたい。

いよいよ今週末はホーム開幕!

6月2日(日)14時キックオフ

名古屋オーシャンズ vs ボアルース長野

名古屋オーシャンズフットサルスクールのスクール生はスクール生特典の年間パスで無料で観戦可能です。(各校レッスン時に順次配布しております)

武田テバオーシャンアリーナでラファ選手を応援しよう!!

 

名古屋オーシャンズフットサルスクールでは1日無料体験を実施しております。

お申し込みはこちら

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ