【北名古屋校・豊田校・岩倉校・NAS春日井校】12/19(木)豊田校トレーニングレポート

2019年12月23日

こんにちは!冨田です。

 

12/19(木)豊田校トレーニングレポートです。木曜日は年内最終日でした!

低学年〈止める・蹴る〉

ボールコントロールの基礎の基礎、第2週目!

最近はパス&コントロールのトレーニングで、ボールタッチの仕方を細かく指定する様にしています。以前では、止め方も交わし方も蹴り方も結構自由にさせていましたが、選択肢が多くて自由すぎると「ミス」が明確にならないことがあって指導しにくい時があったからです。

例えば、止める時はソウルで一歩前のボールの上半分を触る。交わす時はボールを止めた足を地面に着地する前にアウトサイド(小指と第4指の付け根あたり)でボールを上から擦るように触る。蹴る時はインサイドで一歩前のボールを前に歩き(走り)ながら蹴る。

「ミス」が明確であれば、それはすなわち、何を改善すれば上達するのかが明確であるということ。指導者はもちろんですが、誰よりプレーする子ども達が自分でその「ミス」に気づいて工夫・改善できるオーガナイズのトレーニングをさせることが我々の仕事ですね。

 

ドリブル強化〈マシューズ〉

マシューズを生かしたサイドのドリブル突破をトレーニングしました。

マシューズはとてもシンプルなフェイントですが、だからこそ、どんなプロ選手でもよく使うフェイントであり、その用途は無限大です。例えば、シザーズもマシューズの延長のようなフェイントですよね。ボールをまたぐかまたがないかくらいの違いです。

この日はテンポにフォーカスしました。

・タン・タン・タ・タン

・タン・タン・タ・タン・タン

初めの「タン・タン」は仕掛けで、「タ」で空振りして、「タン」で交わします。タッチの仕方は変えながらも、テンポは最もシンプルなものをこだわり、積極的に自分から仕掛けさせました。相手が勢いを逆手にとって交わす子は多いですが、自分から仕掛けて相手の状態を崩せる子は少なかったですね。

自分から仕掛けにいける、あるいは仕掛けるタイミングが早いプレイヤーは日本代表でもまだまだ少ないです。個性を生かしながらも、日本人の殻を破るような選手を育てたいですね。

 

高学年〈ポゼッション〉

グループでのスペースメイキングをしました。

・オフに十分に幅と深さをとる

・相手を食いつかせる

・空いたスペースに素早く侵入する

・数的優位の状況をつくって仕留める

フットサルはゴールが近い分、「ボールを保持したら玉砕覚悟で前進あるのみ!」みたいなシーンが多かったですが、この日はそれも少なくなりました。

バスケットボールとは違って24秒ルール(自チームがボールを保持してから24秒以内にシュートを打たなければならないルール)もないので、本来、攻め急ぐ必要は一切なありません。

どんな状況でも1人で突破していこうという気概や能力を否定はしませんが、それだけでは限界があるのも確かなので、ペアやグループをつくって攻めることも覚えて欲しいですね!

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ