【NAS大高校】4月のトレーニングレポート

2019年4月29日

こんにちは。

名古屋オーシャンズフットサルスクールNAS大高校コーチの木村です。

2019年度の練習が始まり、早くも1ヶ月が経ちました。NAS大高校は4週単位でトレーニング計画を立ててますので、1つの節目となります。

生徒達の振り返りのため普段見に来れない保護者の皆様にもスクールの様子を知ってもらうために、トレーニングレポートを書きます。
 
 

【月曜日】
 
◇U-10セレクションクラス
 
昨年度から継続してこのクラスに通ってくれている生徒たちが多いので、4月の最初からがっつりと彼らの課題に取り組むことができました。

メインテーマ:1対1の突破
サブテーマ:コンタクトスキルの向上

たくましい「個」が連動して戦うスタイルがNAS大高校が(というより木村コーチが)目指すフットサルです。
個人の力で局面を打開する力を持てると選手としての未来が変わってきます。
決して個人での打開が苦手な子達ではありませんが、さらに磨きをかけることに4月はフォーカスしました。

サブテーマの「コンタクトスキルの向上」は、特にサッカーチームに所属しておらず試合経験の少ない生徒や性格的に優しい生徒に不足していると感じていました。要するに体のぶつけ方、ぶつけられ方のテクニックですが、ドリブルで突破するシーンに限らず、相手からボールを奪う時などでも重要です。1ヶ月でかなり向上しましたが、まだまだ継続して高めていく必要がありそうです。
テンキの逆を取るスキルとコウノシンが1対1で逞しく戦えるようになったことが印象に残っています。

 

◇U-12セレクションクラス

こちらも昨年度から継続して通ってくれている子が多いですが、初回はエリートプログラムのスペイン遠征と被っていたこともあり、人数が少なめでした。

新しく加わった子達はまだ100%力を発揮しているとは言えません。早めに溶け込ませてあげたいと思っています。

メインテーマ:前プレ
サブテーマ:デュアリティの向上

 

まずは二人組の崩しのイメージの共有をしてから、3週目以降「前プレ」に取り組みました。
前プレとは相手コートで、ボールを奪う積極的な守備のことです。
キーポイントはプレスの質(方向、タイミング、強さ)と他の選手との連動です。
進捗状況としては50%というところです。コーチング主導で動くパターン、1番の守備者が主導するパターンの使い分けが課題です。
来月も相関性の高いデュアリティの向上がメインテーマなので、サブテーマとして継続して指導していきます。

 

リュウノスケやコウキのコーチングスキルの高さが目立っていました。テッシーのワンサイドカットを意識したプレスも良かったです。

 

【水曜日】

◇ルーキークラス
今年度からスタートした初心者対象の特別クラス。

いきなり20名の定員が埋まってしまったのは想定外でした。
「経験者がほぼいないクラス」という私にとっても未知の領域ですが、1ヶ月でだいぶ掴めました。

 

メインテーマ:切り返し
サブテーマ:思考力の向上

ケンパしながらのじゃんけんなど楽しみながら思考力を鍛えつつ、ドリブルの基礎である「切り返し」を指導しました。
思ったよりも早く習得してくれています。

まだまだ練習効率を上げる余地があると思っています。

これからの彼らの成長に期待です!

◇低学年クラス

昨年度からいる2,3年生に幼児クラスから新1年生が加入しました。
1年生達は技術はもちろんですが、みんなしっかり話が聞けるので、無駄な時間無しで効率良く練習できています。

メインテーマ:1対1の突破
サブテーマ:ボディフェイント、ダブルタッチ、思考力の向上

 

狭い大高校のコートだからこそ、ドリブルスキルは必須ですし、嫌でも向上します。今年は例年以上にドリブルスキルの成長スピードを加速させようと思っています。

3年生の成長っぷりには目を見張るものがあります。未経験から始めた彼らが上達していく姿は下の子達の目標にもなります。これからも頑張って下さい。

3年生以外ではケイスケの成長が目立ってます。

 

◇高学年クラス

新加入の4年生達も練習にしっかりついてこれています。
真剣に練習に取り組んでくれているみんなに感謝です。

メインテーマ:パスを受ける前の認知力向上
サブテーマ:パス&コントロール

「いつ?どこを?見ておくか」が整理されたことで、上手くいったプレーの原因が自覚できるようになってきました。良い傾向だと思います。
技術の不足によって結果的にミスになってしまうこともありますが、現時点ではそれでOKです。
来月は保持局面の改善をテーマにしつつ、より「止める」「蹴る」の技術面へのアプローチを強めていきます。

レオン、ケイトは安心して見てられる素晴らしい選手に成長しています。

 

【金曜日】

 

◇幼児クラス

9名でスタートしました。年中さんの割合も多く「話を聞こう」「お友達が嫌がることはしてはいけません」と言った生活面へのアプローチが今は多いです。

まだ「ルールを理解して遊ぶ」ということが苦手な年代なので、とにかく楽しく体を動かしながら頭と体と技術を伸ばしていっています。

幼児クラス出身の小学生のお兄ちゃん達を見ているとこの時期に楽しみながら思考力を鍛えておくことはとても大切だと思っています。

サッカー・フットサルの動きにこだわらず、ポジティブな気持ちでたくさん体を動かすことが当面の目標です。

 

◇低学年クラス

 

新加入の1年生も全員が幼児クラスから上がってきた子達なので、いきなり良い雰囲気で練習ができています。

2,3年生のお兄ちゃん達が自然に1年生達のお世話をしてくれるので、本当に助かっています。フットサルが上手なことよりも何倍も大切なことだと思います。

 

メインテーマ:1対1の突破
サブテーマ:ボディフェイント、ダブルタッチ、思考力の向上

 

2色のフラットマーカーを使ってのグーパーやケンパは思考力を鍛えるためのトレーニングです。ハンドアクションも加えて練習しました。

みんな失敗しながらも楽しそうでしたね!

「技術」と「賢さ」で突き抜けた選手を育成するというNAS大高校の育成目標に向けてトレーニングしています。

 

レオ、リク、クロちゃんのドリブルスキルが上がってきています。

ジゲンやヒナタは幼さが少し抜けて練習に対する姿勢が変わってきましたね!

 

 

◇高学年クラス

 

よく喋る”宇宙人”たちがたくさんいるクラス。

毎回ハプニング満載で楽しく練習ができています。

4年生達はついてくるのに必死といった感じですが、緊張さえ解ければしっかりついて来れる実力があることはコーチはよく知っています。

焦らずに頑張りましょう。

 

メインテーマ:パスを受ける前の認知力向上
サブテーマ:パス&コントロール

 

周りが見えるようになって素晴らしい展開の崩しが増えてきました。

周りの状況がわからずにプレーしていると失敗も成功も次につながりません(再現性がない)。

そういった意味では一番大切なスキルが身についてきたと言えると思います。

 

4月加入のショウタはわずか1ヶ月でメキメキ上手くなっています。

これからの成長が楽しみです。

 

 

>>>NAS大高校詳細ページはコチラ

~~~~~~~~~

<スクール生及び保護者の皆様へ>

いつも私のスクール校に通って頂いてありがとうございます。

クラスの編成上、練習時間外で生徒のみんなや親御様とコミュニケーションを取る時間が不足してしまい、申し訳なく思っております。

私といたしましては「生徒たちが今何を考えていて、どんなことに悩んでいるのか」もっと知りたいと考えております。

困ったこと・気になること・悩み相談・何かの報告などありましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。

>>>メールで相談したい方はコチラ

 >>>お電話でのご相談はコチラ(052-829-1566)

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ