【桑名校】『フットサル』って何がいいんですか?

2021年5月01日

こんにちは〜

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

桑名校コーチの下畝地です!

(写真は笑顔がとっても素敵な桑名校2年生のSくんです〜)

 

▶︎ 小学生年代のフットサルほど有益なものはない

 

最近よく頂くご質問の中に「フットサルって何がいいんですか?」というものがあります。

この質問に深くお答えすると、

 

「サッカー・フットサルのどちらがいいとかそういうことはありません。ただ、フットサル的な思考を持った指導者にしか教えることができない駆け引きやボールの持ち方、グループ戦術に対する理解というものがあります」

 

そのため単にフットサルをプレーするからといって伸びるという考えは僕の中にはありません。

例えば僕はサッカーの現場に場所を変えても今の指導スタイルを変えることはないと思います。

 

要は ”誰が教えているか” が重要です。

そしてオーシャンズスクールはフットサルの知識を指導者がしっかりと持った上でサッカーにも還元できるスキルを伝えています。

 

 

▶︎ コートの大きさは重要です

 

一点、「コートの大きさ」に関しては保護者の皆さんにも分かりやすく理解していただけると思います。

フットサルはサッカーに比べて圧倒的にコートが小さいです (プレーする人数も違います)

 

そしてコートの小ささがもたらすメリットとしては主に2つです

 

■ゴール前での経験を多く積むことができる
■相手との距離が近いので対人の面での実戦回数が多くなる

 

フットサルにボーッとしている時間はありません。

ボールがどこにあっても全員が重要なプレーヤーになり得ます。

 

高学年になって体験にお越しいただいた選手は最初スピード感の違いからゲームで上手く活躍できないことが多いです。

言い換えるとすでにフットサルをプレーしている子達の方が判断や実行の面で優れていると言えます。

 

学年が上がっていくについれてサッカーでも相手のプレッシャーは強くなることでしょう。

そんな時にフットサルをプレーしている子はボールを失うことに対して恐怖を感じることはありません。

フットサルをプレーしている時と同じようにすればいいだけです。

 

成長の鍵はフットサルにあると思っています。

伸び悩んでいるという選手はぜひ一度体験にお越しください!

 


【桑名校の約束】

「何かを変えるきっかけになる場所」

① 自信を育むことで上手くなる
② 圧倒的ポジティブな声かけで伸ばす
③ 運動能力の向上

■桑名校HPはこちらから。

■無料体験は随時受付中。

 

スクール運営会社:株式会社UNICO MANAGEMENT

ページトップ